通夜葬式 お通夜流れ 葬儀費用

お通夜流れ~葬義流れなど通夜葬式は大変?!急ぐ葬儀に不慣れで動揺する遺族の足元見る葬儀屋!葬儀流れは病院から急かされる遺体搬送やお通夜の葬儀費用が高い葬儀社を如何に向き合うか?喪主の見栄と世間体も高額葬儀の大きな要因だ!生前の社会的評価を汚さない立派な葬儀を提示されると断れない日本人!葬儀費用平均118万円の日本とイギリスの12万円はなぜ?さらに葬儀セットは必要不可欠の費用が別途費用で上乗せされるって本当?お墓や戒名代からお寺さんのお布施や命日の経費でさらに膨らむ!初めてのお葬式で素早く安く賢く手配する至難の業に打ち勝つことが至福の供養かもしれない?!

通夜葬儀

通夜葬儀・葬儀流れ【お通夜流れ】逝去遺体搬送・告別式の葬儀社費用~遺産相続

お通夜流れ

葬儀社選択の余地なく時間との戦いに追われる臨終から葬儀社選びまでの流れ!

時間との戦いである認識が持てない不慣れな喪主

逝去の瞬間に訪れる葬儀社選びが葬儀の勝敗を決定?と言っても過言ではありません!

葬式流れ~通夜・葬儀・告別式の全て

必要なときにはもう遅い!?

必ず来るその日に備えて知っておきたいお通夜流れ葬儀流れ告別式の流れ

人は必ず亡くなります。

おめでたい日のことは事前に調べる余裕がありますが、通夜・葬儀・告別式の流れは意外ときちんと知らないまま、「その日」が突然やってきます。

昔に比べると簡素化・簡略化が進んだとはいえ、喪主・遺族側はやることが盛り沢山。

悲しむ余裕もありません。

葬儀費用

そんな通夜・葬儀・告別式の流れから、参列者側のマナー、今更聞けないお金にまつわる葬儀費用あれこれをたっぷりとご紹介!

現代では昔に比べて簡略化が進みました。

ですが、地方によっては本来の意義を忠実に守っている地域もあります。

特に都内や関東に住んでいて、ご実家が地方という方の場合は意外な慣習に戸惑うことも少なくありません。

まずはごく一般的で関東などで採用されている、喪主遺族側の流れを通夜葬儀告別式の流れに沿ってご紹介致します。

通夜・葬儀・告別式の違い

告別式は明治時代に思想家中江兆民によって始まりました。

それまでは土葬だったこともあり、個人が悲しまないよう遺族や近親者が夜通し個人と過ごすのが「通夜」でした。

ところが、中江兆民が無宗教的儀式による葬祭を希望したため、「告別式」というセレモニーが生まれました。

また、火葬が義務付けられ

  • 「火葬場の予約が取れない」
  • 「火葬場が防災上の理由で一晩中火をつけることができない」
  • 「近親者でない限り会社を忌引で早退できない」
などの現代的な事情も重なって、

通夜は夕方から夜半には終わる「半通夜」となり、

参列者も日中は休みが取れないなどの理由により、通夜に参列することが増えました。

  • 通夜→遺族・近親者・一般会葬者が参列し、半通夜
  • 葬儀→告別式の前に行われる僧侶を中心とした儀式
  • 告別式→葬儀の後に行われる「喪主」を中心としたお別れの儀式。
一般会葬者は出棺のお見送りまでが近年の通例になっていますが、喪主・遺族は精進落としまでを告別式としています。

逝去から通夜まで

予約によってお葬式の日取りが決まる?

一般的には逝去の翌日が通夜、その翌日は告別式と思われがちですが、実はそうではありません。

故人が逝去したら、遺族は急いで葬儀社に連絡をしましょう。

そして、火葬場の予約を取ります。

火葬場は特に関東の都市部では予約が取りにくくなっています。

火葬場の予約が取れないと、葬儀・告別式の日程が決まりません。

お葬式の日程をスムーズに決定する順番はコレ!

  1. 葬儀社に連絡
  2. 菩提寺(葬儀の導師・納骨などでお世話になるお寺)がある場合は、まず確認を取りましょう。スケジュールが合わないとここからの流れが一切進まなくなってしまいます。
  3. 火葬場を押さえる。 葬儀社・菩提寺が決まれば次は火葬場の予約です。 火葬日が決まればその日が葬儀・告別式の日となり、その前日が通夜となります。
  4. 個人と近しい関係にあった方の予定確認 遠方にどうしても参列を希望する方がいる場合は、最後に確認を取ります。
  5. 友引 最近では友引を機にされないという方も増えましたが、高齢者の場合は気にすることがほとんど。そもそも友引は「共引」と勝ち負けがつかないという意味合いがいつしか「友を引く」という意味合いに変わったため、故人が人を連れて行く=不幸が重なるということで避けられています。

僧侶とも相談し、友引に火葬場の予約がかかる場合はよく話し合いましょう。

日程の連絡

通夜・葬儀・告別式の日取りが決まったら、個人の関係者の方々と会社の関係者の方へ日程を連絡します。

席順

斎場の関係にもよりますが、一般的には祭壇に向かって右手に喪主・遺族

左側に職場関係の方となっており、前ほど上座になります。

参加される方が分かっている場合は、席を予め決めておく必要があります。

また、告別式の席次は焼香の順でもあります。

返礼品の用意

返礼品は本来香典に対するお礼ですが、最近では受付で当日お渡しする「当日返し」が主流です。

もし、高額な香典を頂いた場合は、本来の四十九日が無事済みましたという意味合いを込めて、四十九日から2週間以内に別途お返しをしましょう。

葬儀・告別式の流れ

葬儀・告別式は一連の流れで行います。

この後火葬場の予約が迫っているので、時間通りにスムーズに進行をしましょう。

受付・着席

受付は親族に頼むか葬儀社によってはお願いできる場合もあります。

ですが、大切なお金を預かり、返礼時に必要な住所や氏名をお預かりするお仕事。

親族や近親者で信頼できる方にお願いをするのが良いでしょう。

導師の入場・読経

導師の読経からが葬儀の始まりです。

弔辞・弔電の奉読

弔辞がある場合は、弔電はお名前だけを紹介させて頂く場合が一般的です。 ※火葬場の予約があるため。

焼香

導師・喪主・遺族・親族・一般参列者の順に焼香をします。 スムーズに行うために席次が焼香順になるようにしておく必要があります。

花入れの儀

故人の眠る棺に故人に近い立場の人からお花を入れていく儀式です。 日本では火葬が義務付けられているため、故人を偲んで好きなものを入れる場合もありますが、燃えないものは避けましょう。

釘打ちの儀

棺に釘を打つ儀式ですが、最近は簡略化されている場合が多いです。

出棺の挨拶・出棺

一般的には個人に近しい男性を霊柩車へ運び入れます。 その後、喪主より会葬者へ挨拶があり、出棺となります。 ※一般参列者はここまでの参列でよいというのが、最近の流れです。

炉前読経

宗派にもよりますが、火葬炉の前で読経を行う場合が多いです。

火葬

火葬には非常に時間がかかります。 その為、予約が混んでいる公営斎場では、火葬中に「精進落とし」を済ませる事が多いです。

収骨・拾骨

収骨についても、故人に近しいものから行うなど宗派によっても違いがありますので、習って行ってください。

繰り上げ初七日法要

初七日とはそもそも、逝去7日後に行う法要ですが、近年では繰り上げて収骨後に行うのが一般的になりつつあります。

精進落とし

本来、仏教では近親者が亡くなった場合、四十九日までは精進料理(肉・魚を断つ)を食べていました。

四十九日法要が終わり、忌明けとなるので、そのタイミングで通常の食事に戻しますよという意味合いで「精進落とし」という料理を食べていました。

近年では、通夜の日に会葬者へ出す料理「通夜ぶるまい」や「精進落とし」も会葬者へのお礼の意味も含めているので、精進料理ではなく肉や魚を提供することも多くなっています。

出来るだけ、精進落としは食べるようにしましょう。

以上、精進落としを食べるまでが告別式となります。

喪主は遺族は本当に忙しく、悲しむいとまがないですが、葬儀社というのはこういう時に強い味方です。

遠慮なく何でも聞いて頼りましょう。

予測は難しいその日は突然やってくる

入院・闘病を繰り返していても、覚悟はしていても、やはり「その日」がいつ来るのか予測するのは難しいものです。

あとになると少しずつでも故人に確認して身辺整理をしておけばよかったと後悔するものですが、「身辺整理=諦める」というイメージがあり、特に完治に向け闘病中の方の場合、生前から死後の身辺整理をしていくのは難しいです。

当人はもちろん家族も皆、何となくは思っていても口に出せない場合が多いのではないでしょうか?

訪れる最後の時・・・。

静かに穏やかに最後の時を過ごし、家族全員で看取り、悲しみに暮れる!

悲しむ間もなく、そのあと次々と葬儀に至る手続きが進んで行きます。

それはもう忙しく、決めなければいけないことも山ほどあり、時間との戦いになります。

深く考えることも出来ず、

誰に聞くということも出来ず、

直近の身内の葬式を思い出したり、

ネットで検索したりしながら、

今後の流れを確認したりします。

まず最初に行われるのは、死後行われる「清拭」。

まだ温かみのある故人との別れを惜しむ間もなく「清拭」が行われます。

「清拭」とは、死後直後の遺体をアルコールを含ませた脱脂綿などできれいにする儀式のことです。

自宅で亡くなった場合は、訪問看護師や葬儀屋によって行なわれますが、病院や介護施設などでは、医師や看護婦が行なうケースが多いです。

「清拭」の際、家族は故人から離される場合が多いです。

多くの場合、その瞬間、急に事務的な手続きの事が頭をよぎり、「次に何をすればよいのか?」という疑問が湧いてきます。故人との思い出を巡らせていた悲しみの境地から、いきなり故人の居ない現実の世界に引き戻されてしまうわけです。

葬儀社選びは時間との戦い

故人の死を認識した後は、葬儀屋選びが始まります。

葬儀屋に知り合いがいる人は少ないでしょう。

生前積み立てなどをしている場合や故人が準備してくれていれば簡単ですが、葬式費用やサービスや内容を突然の出来事だからと理解せず病院紹介の葬儀屋を言われるがままに選ぶのはなかなか難しい側面があります。

葬儀屋は病院への紹介費用・謝礼金があればその経費は葬儀費用に当然上乗せしてきます。

病院や警察紹介でなく、想定していた葬儀屋の費用見積もりを確認されたい方は

とりあえずご遺体搬送だけを依頼して、落ち着いた状態で比較検討される方法もあるのです。

ただ、この葬儀屋の選定に関しては、本当に時間との戦いです。

葬儀屋は、どこも同じようなことを言いますし、金額によるサービスも大差ないと勝手に思い込みたくなるので、どのようにして選べばよいか分かりません。

しかし、葬儀屋を悩んでいるうちに火葬場がどんどん埋まっていってしまう場合があります。

火葬場が埋まり、火葬する日程が遅くなると、遺体の保存問題が出てきます。

特に夏など暑い季節の場合、遺体が傷んでしまうという問題が発生します。

そのため、火葬場が取れなければ、遺体を別の場所で保管してもらうとか、遺体に特別な処理を施すとか、新たな選択肢が増えてきてしまうのです。

当然、保管費用もどんどんかさんできてしまう訳です。

葬儀の日程決めは、菩提寺の都合や遺族の予定などもありますが、火葬場の空き状況が最も重要になってきます。

葬儀社を決定、火葬場の予約が取れたら、斎場を探します。

その際は、葬儀の規模をしっかり決めてから選びましょう。

「故人がどのような葬儀を望んでいたか」を知っておく必要があります。

密葬なのか。

少人数の家族葬なのか。

100人を越えるような大々的な葬儀にするのか。

いずれにしても、後々増えてくる場合が多いので、若干人数には余裕を持たせたほうが良いと思います。

訃報・葬儀の連絡について

葬儀の日程が決まったら、参列していただきたい方々に訃報と葬儀の詳細を伝えなければなりません。

伝える内容は、故人の名前と亡くなった日時、通夜・葬儀の日時と場所、喪主の氏名と間柄などです。

会社などにはファックスで送る場合も多いです。

葬儀社が必要項目の書かれたひな形を用意してくれる場合が多く、それをもとに該当する方々に送っていくとよいでしょう。

連絡先は、通常の葬儀の場合、親戚、故人の友人や会社関係者、住んでいる地域の町内会などです。

葬儀の規模、故人との生前の関係性などを考慮して、どの範囲まで連絡するのかを決めなければなりません。

この作業がなかなか大変です。

故人の望む葬儀の規模・参列者を叶えるためにも、故人が亡くなる前に「終活」の一環として、死んだ時に連絡して欲しい相手のリストを作っておいてもらうとよいでしょう。

故人は自分の意思が尊重され、遺族は葬儀の準備が円滑に進むので、双方にとってメリットがあります。

また、一人で連絡するのが大変な場合は、故人の親しかった友人など誰かに協力してもらってもよいでしょう。

たただその際は、どの繋がりまで連絡をするのかをきちんと確認しておかなければなりません。

情報の拡散が簡単な昨今、予想以上に訃報が伝え広がってしまうこともあります。

斎場の規模や香典返しの用意などもあります。

葬儀当日に予定を大幅に上回る参列者が押し寄せ、対応しきれなくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

お通夜流れ

いざという時に悩まない親の葬儀の流れ

親の葬儀準備

臨終からお通夜~親の葬儀の準備や手配について

父や母が病院に入院されていて臨終を迎えると、個室ならその部屋で、相部屋なら霊安室にご遺体が移され安置されます。

しかし長くご遺体をそのままにする事はできず、病院はいつご遺体のお迎えが来るのかと急かす事もあります。

従って、遺族で相談してどこでどの様な葬儀を営むのかを決めて、その葬儀社に連絡を入れます。

すると、葬儀社は遺体搬送車でご遺体を病院から葬儀会館の安置室等に運んでくれます。

これを終えた後で、葬儀社と葬儀の打ち合わせをすることになります。

祭壇をどうするのか、棺等儀式に必要な品々をここで決めます。

ここで通夜の食事や葬儀後の仕上げの料理と人数を仮に決めます。

これを決めると、葬儀社はすぐに見積書を作って、それでよいかの確認をする事になります。

一方で、通夜・葬儀に導師を務めてくれる僧侶をどうするか決める必要があります。

お付き合いのあるお寺さんがある場合には、そこの僧侶にお願いする事になります。

もしお付き合いのお寺さんがない場合には、宗派が分かれば葬儀社が僧侶を紹介手配してくれるので、心配はありません。

市町村が運営する火葬場の空き状況、葬儀会館の空き状況、お寺さんの都合を勘案して、通夜葬儀の日程が決められます。

ここで、やっと一段落する事ができます。

通夜と葬儀の進行に関しては葬儀社の担当の方が遺族と相談しながら順次決めて行く事になりますので、自分の意見をしっかりと伝えるだけで心配する事はありません。

こうして通夜・葬儀の手配・準備が完了すれば通夜の前に納棺の儀が行われ、そこから事項で記載する儀式が進められます。

通夜・葬儀の具体的な流れ

近年、大都市では火葬場が不足し、火葬場の空き状況によって臨終から通夜まで2,3日空く事も稀ではなくなってきました。

この間は、安置室にご遺体は安置される状態が続く事になります。

通夜の日の昼頃に、納棺士によってご遺体が清められ、棺にご遺体が納められる納棺の儀が行われます。

時間は30分余りで、喪主や遺族が立ち会います。

こうして通夜に向けた準備が終われば、参列者を迎え、お寺さんの読経により通夜が始まります。

お寺さんが退室され、参列者の焼香が終われば通夜は終了します。

お寺さんへの通夜・葬儀のお礼のお布施は、通夜終了時に僧侶控室で渡すのが一般的で、お布施を準備しておく必要があります。

この後、関東では通夜振舞と称して参列者と遺族が食事を摂ります。

関西では一般の参列者に食事を振舞う習慣はなく、遺族だけで食事を摂ります。

翌日には、葬儀を迎える事になります。

定刻になると葬儀社の司会者が注意事項を述べ、僧侶が入場されて読経が始まります。

読経の中ほどで、司会者が焼香開始を伝えます。

会社関係や親族等の参列者が多い場合には、焼香順を遺族が前日に決めて置く事もありますが、順次焼香で名前を読み上げる事を省略しても問題ありません。

この点も葬儀社が事前に相談してくれます。

参列者の焼香が終われば、棺が式場の中央に移され、そこで棺が開けられ、遺族が花でご遺体を飾り、最後の別れを行い、出棺となります。

霊柩車には喪主が同乗し、マイクロバス等で火葬場に向かいます。

火葬場で最後の簡単な読経と合掌の中、火葬炉の中に棺が入れられます。

火葬が終えるまで火葬場で待つ場合と、一旦会館に戻り、そこで仕上げの食事を摂る事が多いようです。

その後、火葬場で骨を拾い、骨壺に焼骨を納めます。

これで通夜・葬儀の一連の流れは終了します。

最近では、親族が再び集まるのが大変なため、葬儀後に初七日の法要を葬儀会館で営むのが一般的となっています。

いずれにしても、これで通夜・葬儀は無事終了となります。

葬儀の種類とその費用の概要について

通夜・葬儀の手配・準備と通夜・葬儀の儀式の流れを記載しました。

この流れは昔ながらの一般的な葬儀でも、最近増えている家族葬でも同じです。

家族葬は、家族葬と言う名前が付いていますが、友人等も参列する事は可能で、参列者が20名以下の小さな葬儀と考えた方が分かりやすいと思います。

また、家族葬の場合には通夜を省略して1日葬とするケースもあり、この場合には通夜の儀式が無くなると言う事になります。

また直葬と言う葬儀の方式は、火葬場での読経と骨上げの儀式だけで済ませるものです。

いずれの葬儀の方式を採るのかによって費用が異なるため、冒頭に記載した一般葬にするのか、家族葬にするのかを遺族で早期にイメージ合せする事が重要です。

高齢の方がおられる場合は、元気な間に家族で相談しておくと、いざという時に迷うことなくスムーズに準備が進められます。

さて葬儀の種類によって、その費用は異なって来ます。

食事費用を含め、一般の葬儀では160~180万円程度、

家族葬の場合には60~80万円、

一日葬なら40~60万円が相場といえます。

儀式に必要な品々のランクをどうするかでこの費用は変わります。

特に葬儀社に支払う費用の中で祭壇の費用ウエートが最も高いので、見栄を張らず、葬儀社の意見に流されす、い遺族の意思で決める事が大切です。

以上が葬儀の方式別に葬儀社に支払う費用ですが、それとは別にお寺さんへのお布施が必要です。

こちらは、お寺さんとの付き合い等や戒名・法名の格によって異なりますが、一般的なお布施なら20~30万円が相場といえます。

ちなみに、お寺さんへのお布施は通夜に渡すため準備しておくことが必要ですが、葬儀社への支払いは葬儀終了後に請求書をもらい後日支払う事になるので、高額の現金を準備する必要はありません。

ただし、供花や食事代は当日支払う必要がある場合もあるので、20万円程度は現金を用意していると安心です。

遺体搬送

ご遺体搬送の安置場所から長距離移動など費用と葬儀の即時依頼コツ

急を要する即時対応のご遺体搬送から葬儀流れや

後悔しない葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式の葬儀屋選び方~失敗しない葬儀社ランキング費用比較の情報です。

いま、病院からご遺体搬送を今すぐ手配して葬儀社を探し葬儀の流れを知る事が急がれます!

ご遺体が安置されている病院指定の葬儀社を必ず利用する必要はありません!

故人の意向に沿える葬儀をしてあげたいものです・・・

急がれるのはご遺体を自宅まで搬送することです!

ご遺体搬送は深夜・早朝何時でも全国移動が可能です!

危篤や逝去で葬儀を至急手配する前にご遺体搬送が急がれます!

病院や警察からご遺体の搬送が急ぎ必要な時!

長距離のご遺体搬送や海外への移動などご遺体搬送24時間365日相談は無料です!

ご遺体搬送は病院紹介の葬儀屋さんをお断りされても失礼には当たりません!

ご希望に合わない葬儀社さんを紹介されたケースの場合、お断りされても構いません!

失敗しないご遺体搬送

失敗しないご遺体搬送で指定の安置場所のお迎えに今すぐ手配できます。

病院から死亡診断書を発行してもらいましょう!

病院で亡くなられたなら死亡診断書です!

警察に搬送されたなら死体検案書が死亡診断書の代わりになります!

ご遺体搬送はご自宅や指定の斎場や葬儀会館にお送りします。

ご遺体安置が終わりましたら、一息!

葬儀の流れなど葬儀社と打ち合わせ相談をする必要がありますね・・・

葬式 通夜 いつ?通夜~弔電処理から葬式まで葬儀のサービス内容から葬儀費用まで

多岐にわたり決断する必要があります。

詳細にわたり不明な点は納得ができるまで打合せ交渉をしましょう!

警察から遺体搬送が今すぐ必要な方!

指定の警察からご遺体の移動がすぐに必要な方!

指定の警察署からご自宅やご希望の安置場所まで深夜・早朝を問わず連絡しましょう!

故人の名前と続柄、連絡先の電話

葬儀の手配がすぐに必要であるかどうかなど連絡しましょう

警察で検視が行われ死体検案書が貰えるので死亡診断書の代わりになります

警察から遺体移動で希望の安置場所まで搬送!

長距離の遺体搬送が即時に必要なご家族へ!

旅先からのご遺体搬送が必要な人へ

遠距離での突然の急死で、長距離のご遺体搬送が必要になった方へ

旅先からのご遺体搬送が必要な人即時に葬儀が必要になれば指定の場所まで全国お迎えできます!

旅先からのご遺体搬送の費用の目安

下記のご遺体搬送の費用には、有料高速料金や人件費・搬送用布団・ドライアイスなど費用が含まれた事例です

搬送の費用は距離や時間帯により異なります!

距離約411㎞の東京国立市から富山県砺波市で約197,675円(病院→自宅)

距離約600㎞の青森県青森市から大阪府戸田林市で約495,606円(病院→葬儀会館)

距離約577㎞の東京都清瀬市から岩手県釜石市で約323,501円(病院→葬儀会館)

距離約443㎞の千葉県佐倉市から富山県魚津市で約215,247円(病院→自宅)

距離約148㎞の茨城県水戸市から神奈川県横浜市で約67,807円(病院→自宅)

距離約563㎞の千葉県船橋市から大阪府堺市で約294,717円(病院→自宅)

距離約250㎞の神奈川県横浜市から静岡県浜松市で約110,245円(施設→自宅)

距離約730㎞の青森県青森市から神奈川県横浜市で約357,716円(警察→自宅)

長距離のご遺体移動が必要ならまず電話で確認して下さい!

母国への遺体搬送や海外から搬送が必要な方!

母国へ故人のご遺体搬送・・・母国へのご送還をする必要な方!!

母国への遺体移動が必要な方!

指定される安置場所へお迎えします!

病院の死亡診断書または警察で検視が行われ死体検案書、パスポートのご用意が必要です!

打合せをして書類のお預かりが必要です!

母国への遺体移動に伴う大使館手配と書類作成をします。

その後、航空便貨物手配tご予約を致します。

航空便貨物手配tご予約を致します。

エンバーミング

柩での日本からの出国には、必ずエンバーミング処置をします。

遺体保存と衛生面の処理のために必要なのです

そもそもエンバーミングとは?
エンバーミングというのは遺体衛生保全のことを言い、 遺体に防腐あるいは殺菌であったり修復の処理を施すことだと言えます。 確実にらないといけないものではないのですが、 エンバーミングを行うとことで、 ご遺体を清潔に衛生的に保護しご遺族を対象にした感染を防ぐだけではなく、 しばらくの間、衛生的に持続できることから 親族・友人らとの最後のお別れもしっかり叶うとの優れたメリットもあります。

空港に移動・出国

東アジア圏セットプラン(韓国・中国・台湾)

東南アジア圏セットプラン(インドネシア・フィリピン・ベトナム・シンガポール・マレーシアなど)

北米圏セットプラン(アメリカ・カナダなど)

EU圏セットプラン(イギリス・ドイツ・フランスなど)

中近東圏セットプラン(トルコ・イスラエルなど)

また、下記項目には別途料金が発生します。

・遺体搬送料金(お迎え場所から相模原市のエンバーミング施設まで)

・ご遺体安置料(特に必要なケースだけ)

・航空運賃(実費、航空会社・季節などにより料金が変動します。(料金目安:250,000~360,000円)

いずれのケースももお客さものご希望に合った葬儀社の紹介に必要な打ち合わせが十分必要です

葬儀社探し今すぐ手配!

病院など遺体安置場所から自宅へ遺体搬送と

走行距離費用や高速料金代~遺体移送の総合系料金から

家族葬・火葬・直葬・密葬お葬式依頼や特殊清掃まで即時依頼のコツ!

葬儀お悔やみお通や関連のお別れ家族葬や一般葬・密葬・直葬・自宅葬などの葬儀社の評価などを参考に、様々なおくりびと(納棺師さん)に頭が下がりる故人各々の生き方タイプに応じたベストな葬儀をしたいもの!

葬儀屋の葬儀社ランキング葬儀屋スタッフ、お通夜の仕事
葬儀お悔やみお通やの葬儀お別れ 仕事をする際に肝心になってくるのが、

お別れ家族葬や一般葬・密葬・直葬・自宅葬などから選択し、

これからの暮らしに備えて、契約してくださいね。

葬儀社と葬儀屋の全国リストで探す失敗しない葬儀屋評価と費用からお悔やみ情報を厳選しています。

ご遺体搬送や病院から長距離移動と葬儀の流れ&葬儀社と葬儀屋の全国リスト一覧で探す葬儀お悔やみ

葬儀の種類別の費用の概要

葬儀の種類や一般的な葬儀費用~家族葬や直葬など

葬儀費用の内訳と一般の葬儀の費用相場

葬儀に必要な費用としては、大きく分けて葬儀社に支払う費用と、導師を務めてもらうお寺さんへのお布施に大別されます。

また葬儀社に支払う費用としては、式場の費用、祭壇費用、その他棺等葬儀に必要な品々や式の司会者の費用や接待係のサービス料等と通夜と仕上げの食事費用に大きく2分されます。

50名程度が参列可能な葬儀会館で、一般的な葬儀を営んだ場合には、葬儀費用として160~170万円程度、

そして食事費用としては6000~7000円/人で関西風の通夜で通夜振舞のない場合には家族・親族で仕上げの食事を摂る人を22~23名とすれば15万円程度見ておけば良いでしょう。

食事費用を合算して葬儀社に支払う場合には、180万円程度となります。

またこれとは別に、お寺さんへのお布施は、お寺さんとの付き合いや、戒名の格によって相場は異なりますが、普段お寺さんとの付き合いがなく、葬儀社に紹介してもらった場合は比較的安い20万円程度が相場です。

以上の様な内訳で、葬儀社とお寺さんに支払う費用の合計は、一般的に言われている200万円が相場となるのです。

この葬儀の中でも祭壇の費用のウエートが高く、いくつかのランクの祭壇の中位を選んだ場合に、上記となります。

従って祭壇を最安にすれば30~40万円程度安くできるでしょうが、式場が広いと安い祭壇はどうしても見ずぼらしく映るため、多くの方は、結果的に中位の祭壇を選んでしまうのです。

以上に費用は、一般的な庶民感覚での葬儀の相場で、祭壇を立派にしたり、お寺んを導師さん1人でなく脇導師さんをお願いすると言った盛大な葬儀とすれば、300万円掛かる事もあるでしょう。

葬儀費用を抑える事が出来る家族葬や1日葬

一般の葬儀は、平均で200万円程度掛かってしまいます。

近年、葬儀の費用は少し安くなり、明朗化したと言われていますが、やはり決して安いとは言えません。

こうした高額の葬儀費用は無駄であり、高い費用を掛けずに、ごく親しい家族・親族・友人20名以下で故人をしめやかに送る方が良いと考える方が増えています。

こうした方のニーズに応えるために、家族葬専用会館が急速に増えています。

家族葬会館は、一般の会館に対して華美を廃し、実質本位の設備とし、式場も20名以下を目安として狭くなっています。

この事で、式場自身の費用が安くなると共に、祭壇も比較的小さなものでもみすぼらしい感じはしないのです。

こうしたポイントから食事費用を除いた葬儀費用は70~80万円程度で収まります。

これに食事代20人分をプラスしても90万円弱で済み、ここにお寺さんへのお布施20万円をプラスして110万円程度となります。

葬儀社によっては、もう少し安く済む所もあるでしょう。

この家族葬でも100万円程度は必要で、さらに安く済ませたいなら、1日葬と言うスタイルも取れます。

これは家族葬会館の多くが標準プランとして用意しています。

これなら葬儀社への支払いはさらに30万円程度は下げる事が可能でしょう。

また家族・親族が納得できるなら、お寺さんにお願いせずに、読経をCDで済ませる事もできます。

この場合は、お布施分の20万円が不要となり、結果的に50~60万円程度で済むことになります。

お寺さんを呼ばない場合、戒名や法名は遺族が付ける事になりますが、それも割り切れば問題ないと言えます。 また葬儀を営まず、火葬場で簡単なお経を頂くだけの直葬なら、10万円と食事代で済みますが、これはやはり寂しすぎると、選択されるケースは余り多いとは言えません。

この場合は、お布施分の20万円が不要となり、結果的に50~60万円程度で済むことになります。 お寺さんを呼ばない場合、戒名や法名は遺族が付ける事になりますが、それも割り切れば問題ないと言えます。

葬儀社への支払いやお寺さんへのお布施はいつする

葬儀のスタイルを決める事で、葬儀に掛かる費用の目安は、前項の様になりますが、ではそのお金の支払いはいつ必要になのでしょうか?

まず、お寺さんへのお布施は、通夜に来られた時か、通夜の読経を済ませて帰られる前にするかのいずれかとなります。

いずれにすべきかは、葬儀社に相談されると良いでしょうが、どちらにしても通夜の日にお布施は準備する必要があります。

また食事代を含めた葬儀費用一式は、葬儀を終えた時に、葬儀社から請求書が渡され、1週間程度の指定期日に現金を持参して支払うか、指定口座に振り込むのが一般的です。

ただし、食事代を葬儀社が仕出し屋等に立て替え払いしてくれず、別途食事代金を仕出し屋等に葬儀時に支払う必要がある葬儀社や会館もあります。

また祭壇のお花とは別の供花については、供花依頼時に支払う必要があるのが一般的です。

従って、通夜時にお布施を準備し、葬儀の日には20万円程度の現金を持参していれば、一般の葬儀でも困る事はないでしょう。

今回は香典については触れませんでしたが、一般的には参列者へのお礼の品は1人当たり数百円程度で、先の葬儀社への支払いに含まれています。

香典返しは、一般的に頂いた額の半分の金額の品を四十九日明けに、送るのが一般的です。

香典の集計は、会社関係や近所の方が受付を行うのが一般的で、遺族は通夜や葬儀の日に関わる必要はありません。

受付をお願いした方から、集計したお金を受け取るだけです。

四十九日明けに香典返しをする為に、住所の記載がお願いする様に受付の方にお願いして置くと良いでしょう。

最近、関西では香典を受け取らない葬儀が半数以上となっています。

これも時代の変化に合わせた合理的な考え方によるものと言えるでしょう。

もしもの時に慌てないために!知っておきたい葬儀のあれこれ

意外と慌ただしいご逝去後。葬儀までの流れをチェック

芸能人や著名人らがこぞって行い、近年注目を集めている「終活」。

自分自身の人生の幕引きを考える「終活」はある意味で取り組みやすいですが、自分の親や伴侶など、大切な人の終わりを考えることは辛いですよね。

しかし、だからといって何も準備せずにいると、もしもの時になって大慌てしてしまい、最後のお別れに集中して臨めないことも。

そうならないために、ご逝去から葬儀までの一般的な流れを頭に入れておきましょう。

あるアンケートによると、実際に葬儀を行った方のうち、実に4割が「ご逝去から葬儀までの日数は4~5日」と回答したそうです。

では、その短い日数で何をすべきなのか。大まかな流れを記載します。

ご逝去当日

・葬儀社への連絡

・ご遺体の搬送・安置

・僧侶への連絡

・葬儀社との打ち合わせ

・世話役などの依頼

・親族・知人への連絡

・枕経

通夜

・納棺

・通夜・通夜ぶるまい

告別式

・葬儀・告別式

・火葬・遺骨法要

・初七日法要

・精進落とし

ご逝去当日だけでもこんなにやることがあるんですね。

このうえ葬儀社の選定までご逝去当日に行っていると時間が足りなくなってしまうため、葬儀社は事前に選んでおくことをおすすめします。

ご本人が危篤状態にあっては葬儀社を選定する余裕もないかと思うので、できればご本人が元気なうちに、先のことをしっかりと考えて動くようにしましょう。

葬儀社の選定は決して不謹慎なことではなく、大切な人との穏やかな別れのために必要なことなのです。

葬儀費用の平均は?葬儀に関わるお金について

葬儀社を選定する時、必ず気になってくるのがお金の問題ですよね。

葬儀費用の全国平均は1,171,111円(2017年10月度調査より)。

ここから更に、30万円前後の飲食費と、32万円前後の返礼品費がかかりますので、葬儀全体で見ると180万円前後のお金が必要になってくる、ということになります。

もちろん、葬儀の種類によってこの金額は大きく変わってきます。

家族など親しい人だけで行う家族葬の場合は80万円~100万円、

一日葬の場合は40万円~60万円、

直葬の場合は20万円~40万円など、

大きな開きが出ますので、どのような葬儀にするかを予めイメージしておくことが大切です。

また、宗教者へのお礼も喪主から渡す必要があります。

このお礼には、葬儀・告別式での読経、戒名授与へのお布施、斎場までのお車代などが含まれます。

このお礼の金額は特に定まっておらず、地域やお寺との関係性であったり、宗旨宗派によっても異なります。

お寺と檀家の関係性が薄まった今、お礼にいくら包むべきか迷う人も増えていることから、お寺側からお礼の相場を教えてくれるケースも出てきました。

そうした情報が何もない、という場合は、関東圏では20万円~35万円前後、関西圏では20万円前後を目安にするといいでしょう(僧侶1名に葬儀・告別式で読経してもらった場合)。

これだけ大きな金額のプランを即決することは大変難しいため、事前に情報を調べておき、どの葬儀社を利用すべきか検討をつけておきましょう。

通夜の準備と当日の流れ

続いて、通夜の流れを見ていきましょう。

通夜の準備

まずは葬儀社が斎場設営を行い、ご遺体を収めた棺を安置します。

供花は誰から贈られたものかを確認・記録し、斎場での配列を決めます。

参列者に渡す礼状・返礼品の確認を行い、案内・受付・会計・返礼を渡す係などの世話役が揃っているかどうか確かめましょう。

受付

受付前列には芳名カードと香典を預かる受付係を、後列には芳名カードと香典の照合・現金管理をする会計係を配します。

寒い季節の場合、アウターなどの手荷物を預かる係がいた方が安心ですね。

僧侶入場、読経、焼香、法話(説教)

参列者が着席し、通夜開始時間になると僧侶が入場し、通夜が始まります。

30分ほどの読経の後、僧侶もしくは葬儀社の誘導により焼香が行われます。

焼香は席順の通り、喪主、親族、参列者の順で行います。

焼香の際、喪主は一般参列者に黙礼するようにしましょう。

これらが終わったあと、僧侶から法話や説教がある場合があります。

僧侶退席、喪主挨拶

法話を終えて退席する僧侶を見送ったあとは、喪主の挨拶となります。

予め何を言うべきか決めておくといいでしょう。

挨拶のあとは通夜ぶるまいの席に誘導します。

通夜ぶるまい

通夜のあと1時間程度、参列者をもてなす通夜ぶるまいが行われます。

参列者と共に故人をしのび、参列へのお礼を言いましょう。

棺守り

参列者らが退席したあとは棺守りが始まります。

一晩中灯明と線香の火を絶やさず、お棺に付き添う必要があるため、気力・体力のある遺族で交代して行いましょう。

葬儀を行うために必要な段取りと意識すべき大切な点

葬儀の種類と葬儀会社を選ぶ方法

一般的な葬儀の流れとしては、葬儀会社を選ぶところから始まります。

葬儀会社は、故人が入院していた病院で紹介してもらう場合もあれば、遺族が独力で探す場合もあります。

葬儀費用を安く抑えたい場合は、自分で葬儀会社を選ぶ方がいい でしょう。

それぞれの葬儀会社を比較検討することができるからです。

亡くなってからお通夜や葬儀まで時間があまりないため、従来は他人の紹介で葬儀会社を選ぶ人も多かったのですが、現在はインターネットの発達によって状況が変わりました。

誰でも適切な葬儀会社をすぐに見つけることが可能です。

葬儀会社を選ぶ場合には、どのようなプランの葬儀があるかを確認しておくことが必要です。

それぞれの葬儀会社によってプランに違いもあれは、料金設定も各種存在します。

葬儀形式

葬儀形式としては、一般葬、家族葬、社葬、一日葬、直葬など様々なものがあり、これ以外にも種類があります。

一般葬や家族葬は、葬儀形式として最もポピュラーなものです。

これらは、葬儀内容自体は基本的に同じです。

一般葬
一般葬は、親族や近親者、故人と生前に付き合いのあった人など、身内や外部の人も含めて行う比較的大きな葬儀のことを指します。

家族葬
それに比べて家族葬は、親族や近親者を中心にした規模の小さい葬儀です。

家族葬でも外部の人の参加は可能ですが、故人が生前に特に親しかった人物や友人を招くことが多く、参列者は限定される傾向があります。

一般葬よりも規模の小さな葬儀を総称して家族葬と呼ぶ場合も多いですが、葬儀会社によって名称に違いもあります。

葬儀開始までに遺族が行うこと

葬儀形式を簡略化したものが、一日葬や直葬です。

遺体搬送

遺体は葬儀会社が用意した車で病院から運び出されます。

いったん自宅に遺体を置く場合もありますが、直接葬儀会場に搬送する場合もあります。

その間に遺族は、お通夜と葬儀の日程を関係者に連絡する準備をします。

その際は、電話やメールなどで連絡するのが一般的です。

一日葬
一日葬は、お通夜を省略し全ての儀式を一日で行う形式です。

また直葬は、お通夜や葬儀を行わず、火葬のみで行う形式です。

社葬
社葬は会社が主体になって行う葬儀です。

社葬が最も大規模になることが多く、葬儀費用もかかります。

個人で行う形式の葬儀では、一般葬が最も費用がかかり、家族葬、一日葬、直葬の順で費用が安くなります。

簡略化された葬儀ほど、葬儀費用を低く抑えることができます。

各葬儀会社では、このような様々なプランから選択できる形になっていることが多いです。

但し、追加費用がかかることもあるため、葬儀プランに掲載されている葬儀費用だけではなく、追加費用を含めた総額についての確認が必要です。

家族葬
家族葬の場合は参列者が限定されるため、一般葬よりは手間がかかりませんが、それでも親族で分担して行った方が労力が軽くて済みます。

  一般葬の場合でも、例えば会社関係の人は会社の担当者に連絡をすれば後は伝えてもらえるため、効率よく連絡することができます。

お通夜や葬儀の段取りは、基本的に全て葬儀会社に任せておけば大丈夫です。 但し、受付に関しては香典などの受け取りが発生するため、葬儀会社のスタッフではなく遺族が受付する人を探す必要があります。

親族や近親者の中から選んだり、信頼できる親しい知り合いから選ぶこともできます。

葬儀の進行と遺族が葬儀後に行うこと

お通夜や葬儀の運営に関しては、葬儀会社のスタッフが進めてくれるため、遺族は特にすることはありません。

遺族のすることは、主に参列者の対応が中心です。

お通夜が終わった後も、遺族の中の代表者が葬儀場に一晩中泊まることがかつては一般的でした。

しかし現在では泊まることはせず、いったん自宅に戻った後に翌日の葬儀に改めて出席することが多いです。

葬儀の日は、一定の儀式が終われば遺体を火葬場に搬送します。

参列者の多くが一緒に火葬場に行って、火葬を見送ります。

その段取りに関しても、葬儀会社の方で全て準備してくれます。

また葬儀の日に、初七日の法要も繰り上げで行うことが現在では一般的になっています。

葬儀終了後は、死亡後の手続きを行う必要があります。

葬儀会社では、故人の死亡に伴ってその後に必要になる手続きの一覧表を用意してくれていることがあります。

インターネット検索で調べることも可能です。

また、葬儀終了後は、参列者名簿を基にして葬儀参列者への香典返しが必要です。

香典返しの準備や発送を依頼する業者に関しては、遺族が自分で探すか、葬儀会社に紹介してもらうことも可能です。

また位牌の準備や、遺骨をお墓に納骨する必要もあります。

同時に葬儀終了後は、葬儀会社に対して葬儀費用の振込を期日までに行います。

香典を受け取っている場合は、それを葬儀費用に充てることもできますが、経済的事情も考慮して、葬儀会社を選ぶ際には十分に費用について検討しておくことが大切です。