お通夜流れ|お通夜の準備と流れとは

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

お通夜の準備と流れとは

お通夜の当日までに準備をすること

喪主は故人の配偶者や子供が務めるケースが多く、通夜までにすませなければいけないことはたくさんあります。
初めて喪主をする場合何をどうすればいいのかわからないことが多いと思いますから、親しい親戚などに相談にのってもらい役割分担をして進めておくとよいでしょう。
通夜までに喪主が行わないといけないことに、葬儀会社を選ぶということがあります。
葬儀会社はできるだけ早く決めておいた方が、遺体の移送などもスムーズに行うことができます。
ただある日突然亡くなってしまうというケースがほとんどですから、事前に葬儀会社を決めている人も少なくありません。そういった場合には、近隣の評判のよい葬儀会社や親族の意見も参考にして信頼できる葬儀会社を選ぶとよいでしょう。

葬儀会社が決まると、次にお寺に連絡をしましょう。
菩提寺が近くにあればお寺に連絡をし、読経をお願いします。菩提寺が遠方だったりない場合は葬儀会社に宗派を告げて手配をしてもらいます。

一般的な葬儀費用は、香典でまかなうことができますから、参列者数からの香典額を概算して葬儀の予算を考慮していきます。葬儀では斎場費だけではなく僧侶へのお布施や霊柩車代、火葬料、会食費などさまざまな費用がかかりますから、だいたいの内容が決まった後見積書を見て料金と内容をきちんと確認しておくことが大事です。
次に友引をさけて葬儀の日取りを決めていきます。葬儀の場所と日程が決まった後、故人と親交の深かった人や近隣の人などに知らせ、死亡診断書などの必要な手続きをすませます。死亡届が受理されないと火葬に必要な火葬許可証が交付されませんから、きちんと手続きをすませておきましょう。

お通夜当日の準備と対応

お通夜当日には納棺の儀を行います。納棺の儀というのは死装束を着せて納棺を行う儀式で、遺族や葬儀社が執り行います。
納棺の儀が終わった後には、お通夜の会場に移動し関係者との打ち合わせを行うなど、直前の準備も必要となってきます。
関係者との打ち合わせでは、受付係り椰子会社など通夜の親交について最終的な打ち合わせや確認を行い、祭壇飾りや式場の設営が見積もりの予定通りに行われているかなどの確認します。
次に祭壇の横に並ぶ供花の配列や贈り主の名前のチェックを行い、会葬礼状と返礼品が手配通りになっているかを確認していきます。

お通夜の対応は、着席順に気を配り、参列者への挨拶や喪主の挨拶などを執り行います。通夜の後の通夜ぶるまいを取り仕切り、最後に挨拶を行います。
お通夜は棺守りといって夜を通して灯明と線香を絶やさないように棺に付きそう必要があります。

僧侶は読経を終えると退席しますから、遺族はその場でお辞儀をして見送ります。
僧侶が退場したら喪主は参列者に挨拶をし、故人の生前の病気療養中の厚情に対するお礼などを伝え、通夜ぶるまいの席へと誘導します。
通夜ぶるまいは一般的に通夜の後1時間ほど、喪主から参列者への感謝を伝える接待の場です。ここでは故人を偲んで料理やお酒で参列者をもてなします。
参列者が退出し、遺族だけになると本来の意味での通夜となり、夜を通して棺守りを行います。翌日には葬儀も控えていますから体力や余力がある遺族で行います。

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心構え

お通夜当日は受付や会計などの係りが必要となりますから、当日お手伝いを頼まれる場合があります。そういった場合の心構えとして何を用意すればいいのかなどわからない人も少なくないのではないでしょうか。
以前はお通夜や告別式はご近所同士が助け合って行うスタイルがほとんどでしたが、現在では葬儀会社が取り仕切るケースがほとんどとなり、町内での手伝いは少なくなっています。
ただそうはいってもお通夜にはある程度の人手がいりますからお手伝いを頼まれる機会もゼロではありません。
お通夜のお手伝いは会場での受付や会計係りで、地域によっては通夜ぶるまいで配膳や片づけの手伝いも必要となってきます。
会場が葬祭会館の場合は、お通夜が始まる1時間くらい前にはお手伝いの人も到着しているようにしておきましょう。
弔問客が多いお通夜の場合は、駐車場が込み合う場合もありますから余裕をもって早めに到着するように心がけましょう。
会社の関係者としてお手伝いを頼まれた場合も、喪主や遺族側の立場であるという意識をもってお手伝いをするようにしましょう。
服装は喪服もしくは黒色のスーツがもっともふさわしく、配膳などで動く必要がある場合には、女性はパンツスーツを着用してもよいでしょう。通夜ぶるまいのお手伝いを頼まれた場合は、黒いエプロンや白い割烹着が必要となりますから、事前に用意しておきましょう。
最近は葬儀会社が手配をするお通夜がほとんどですが、お手伝いを頼まれた場合は、故人への弔いの気持ちをこめて快く手助けをしましょう。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。