いつか来るお別れに備えて葬儀について知ろう!

いつか来るお別れに備えて葬儀について知ろう!

どれだけ医学が進歩したとしても、死なない人間は居ません。
誰しもが永遠の別れを経験することになります。
その悲しさとは裏腹に、現実ではしっかりと時間が流れていくため、多くの人が葬儀の流れに戸惑うと言われています。

実際の葬儀はどのような手順で進んでいき、何をする必要があるのでしょうか。

いつか起こる葬儀について、今から学んでいきましょう。

まず、お亡くなりになった場合、病院で看護師や提携業者によるエンゼルケアが行われます。

このエンゼルケアとは、死後に行う保清やメイクのことです。

病状や医療行為、事故などで失われた生前の面影を取り戻すために行われます。

残された遺族は葬儀社に連絡をして、亡くなった場所を伝えます。

医師には死亡診断書を書いてもらう必要があるので、忘れずに行いましょう。

火葬は死後24時間以上経たないと行うことができません。

そのため、遺体を寝台車で運び、一旦安置します。

自宅での安置が可能であれば、自宅で家族との最後の時間を過ごし、難しいという時には葬儀社に任せましょう。

葬儀の段取りですが、まずは喪主や世話役などのポジションを決めるところから始まります。

葬儀には担当するスタッフが付いているので、その人の指示に従って動いてください。

また、このときに医師から貰った死亡診断書を提出します。

その後、死亡届や火葬許可書などの手続きを進行していくのです。

それと並行して、職場や学校などに連絡をする他、供花・供物の手配なども行わなければなりません。喪服が無いという人はこのときに用意しておきましょう。

葬儀

葬儀は2日に分けて行われる最後の別れの儀式ですが、1日目はお通夜、2日は告別式・葬儀となっています。

一般的に、お通夜は身近な人が故人を偲ぶ儀式です。

昔は夜通し火を絶やすことなく、ろうそくや線香を灯すという習慣もあったようですが、現代では仕事後などでも参加しやすいように18時辺りから読経が始まるという流れになっています。

焼香が済んだあとは、参列者をもてなし、故人との最期の食事を楽しむ「半通夜」が行われるのが現代の主流です。

首都圏においてはそれが特に顕著です。

何故なら、都会の葬儀場の近くには宿泊施設が無かったり、線香やろうそくの火を使うのが防火上の理由で禁止されているケースがあるからです。

時代の流れによって、葬儀の形も変わっていくかもしれません。

お通夜は18時か19時くらいから始まります。

親族は開始時間の1時間前ほどから準備をして、葬儀場・斎場に集まります。

開式の宣言が行われたら、焼香を喪主から家族、親族、弔問客という順番に順番で行われます。

焼香には時間がかかります。

一般的な規模で30分ほどだと言われていますが、あくまで目安です。

これに加えて僧侶によるありがたい法話が行われますが、最近では省略されるということが多いようです。

この後に半通夜が行われますが、あくまで1時間程度と、遺族をいたわった短い形で手短に済ませるのがマナーだと言われています。

また、遠方から参列に参加してくれている人は20時を回りそうだというときにしっかりと配慮をする必要があります。

葬儀場や斎場に式の進み具合を質問して、いつ頃に焼香が終わるのかを確認しなくてはなりません。

死後の冥福と菩提寺

葬儀をしていく中で、聞き慣れない単語を聞くことも多いかもしれません。

中でも「菩提寺」というのはなかなか生活に密着していないという人も最近では多いのではないでしょうか。

菩提寺とは、その家の先祖から伝わるお墓があるお寺のことです。

死後の冥福という意味のある菩提という名前を持っていることから、その役割が分かります。

葬儀など、仏事全般の相談を承っているところでもあるため、葬儀や法事などは菩薩時の僧侶が執り行うというケースが多いです。

しかし、近年では、自分の菩提寺が分からないという人も増えています。

そのため、葬儀をするときにスムーズにいかないということも多いようです。

もしも菩提寺が分からなければ、僧侶無しで葬儀を行うことになるかもしれません。

そうならないためにも、事前に対処しておく必要があります。

もしも聞けそうな親族がいるのであれば、前もって聞いておくのが無難です。

お盆の際にはお墓参りをすることで、その寺との関係性も築くことが出来ます。

気軽に聞くことが出来る親族が居ないという人は、実家周辺の寺院に問い合わせるという手段があります。

しかし、日本は寺院の数が多く、コンビニよりも多いというデータもあるほどです。

これだけの寺院の数を隅から隅まで探すのは骨の折れる作業になると予想されます。

一番最初に見つかれば良いですが、もしも最後まで見つからなかったら、時間も労力も費やしてしまいます。

もしものときに困らないためにも、しっかりと菩提寺は把握しておきましょう。

葬儀依頼してよかった?!

分からないことだらけの葬儀・・・

葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式~葬儀・納骨や遺品整理に悩みますね。

低額ながら豪華なお葬式も・・・

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方