日本の葬儀、お通夜、告別式に至る流れ

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

日本の葬儀、お通夜、告別式に至る流れ

お通夜とは仕事関係者や近所の方などが最後の別れをするお別れの儀式です。

日本では死者へのお別れの儀式を葬儀と呼び2日間にわたりお別れをする儀式をすることが一般的です。

お通夜の流れ

その中でも1日目であるお通夜は本来は、家族や親族、友人といった身近な方が生前お世話になった故人を偲ぶ儀式でした。

この時ろうそくの火を絶やさずに番をして線香も絶やすことなく燃やす理由ですが、亡くなった故人をあの世へと送り届ける道しるべとしてろうそくと線香の炎を絶やすことなく燃やすのです。

この仏教の風習ですが宗派によってはろうそくの数に違いがありますが日本ではでろうそくを絶やしてはいけない風習が近年では火災への影響にも繋がりますから近年では廃れてきている風習でもあります。

本来のお通夜は丸一日を使用して行うのですが最近では、仕事関係者や近所の方々の参加しやすい時間にお通夜を行うことも多く、時間帯としては夜の18時ごろにお通夜を行うことが多くなりました。

焼香のあとは、故人との最後の食事の場である通夜振る舞いを催し、夜のうちにお開きになる半通夜が現在の主流になりつつあります。

この半通夜が主流となった理由ですが都会ですと葬儀会社がホテルや宿泊設備を持っていなかったりすることがありそうした場合、ホテルや会場を葬儀会社が借りることになりますので夜通しろうそくの炎をともすことは防災上不可能であるということになりますから半通夜が主流となり宿泊を伴わないお通夜が主流となりました。

半通夜に掛かる時間と礼式のマナー

半通夜に掛かる時間は一般的には長くても3時間以内に終えることが多く、時間帯としましては夜の18時から開始されます。

開式の宣言後、喪主から順番に焼香をしていき、家族、親族、弔問客が焼香を挙げます。

焼香についてですが、宗派の違いがある場合やルールの知らない方のために事前に僧侶の方から家族、親族、弔問客へ焼香の回数や決まりなどを説明してくれる僧侶の方もおりますので礼式を指定された場合はそちらに従い焼香を挙げます。

読経を追え僧侶が退出した後に喪主が挨拶をし通夜振る舞いの席に案内をし、僧侶や参列者をもてなします。

この時参加者の方々の立場からのマナーを言いますと、長居をしてはいけないという点です。

お通夜本来の意味をは亡くなった故人を偲ぶ儀式ですから宴会などではないということを頭に入れておきましょう。

これらは半通夜に掛かる時間ですから本来のお通夜ですと丸一日掛かりますが半通夜ですのでお通夜自体は3時間ほどで終えます。

僧侶の方にお渡しするお布施についてですが、お寺と付き合いがあるかどうかによりお布施を渡すタイミングが異なります。

まず、お寺とお付き合いがある場合ですが、喪主自らお布施をもち僧侶の方のいる控え室に出向き渡ししますが、お寺とお付き合いが無い場合ですと葬儀会社の方々が段取りをしてくれることが多く葬儀会社の方と一緒に出向きお布施を渡します。

お布施に包む金額ですが故人を偲ぶ際の僧侶に対する感謝の気持ちですので金額については本来は規則は無いのですが、大体10万円をお布施としてお渡しするとされています。

 

告別式は家族が故人をゆっくりと偲ぶための儀式

お通夜は仕事関係者や近所の方がメインでお別れする儀式でしたが、告別式は家族を中心とした故人を偲ぶ儀式になります。告別式では弔辞の順番を決定する作業がありまして喪主の方は一度弔辞に目を通し、読み上げる順番を決めたほうが良いでしょう。葬儀の進行としましては僧侶が会場に入場し読経、弔辞、弔電の紹介として喪主が弔辞、弔電を読み上げます。焼香につきましては僧侶の方が焼香を促しますのでそちらに従い焼香をします。その後、花入れの作業として故人の棺に思い出の品を手向け閉式の辞を述べます。その後、焼き場に移動し火葬を行い、遺骨を骨壺に収めて、精進落としの席に移動し解散となります。香典返しについてですが近年では当日に貰った香典の半分を香典返しとして葬儀の参加者にお渡しします。受け取った香典の額が高額の場合においては、忌明けの後に改めてお礼の品物を別途お渡ししたほうが良いでしょう。以上が日本の葬儀、お通夜、告別式に至る流れですが基本は葬儀会社の方が詳しく説明をしてくれますし、段取りについても葬儀会社にお任せしているのであればすべて向こうが執り行ってくれます。ですが、僧侶の方の都合に関しましては葬儀会社の方でも把握できないことがありますのでそちらにつきましては日ごろからお寺の僧侶の方と親交がある場合に置いてはお寺の方と段取りをつけると良いでしょう。日ごろからお寺と親交があると葬儀の際、スムーズに進行することが多いです。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。