近年の通夜や告別式のあり方と葬儀費用の簡素化

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

近年の通夜や告別式のあり方と葬儀費用の簡素化、
通夜や葬式を行っていたものですが、皆が其れ等の形式を嫌がって居るようなのですね。 
特に、最近の人達は異口同音に費用がかかって大変だとか、其のために葬儀保険に入ったり貯金をしているとも言われています。

最近の家族葬の事例について

確かに、其の通りのこともあって、人が亡くなってどの様な通夜や葬儀をするかは、其の内の方のかってでしょうが、近所に住んでいてお馴染みの人思っていたと人が、いつの間にかこの世からいなくなったというのは悲しいことで、最後のお別れをしたかったというのは心ある人達の願いでも有るでしょう。

確かに、以上のように昨今の葬儀のあり方や施行のしかたとして「家族葬」というのがありますが、此れは葬儀費用の簡素化やご近所との関係其れにその他の理由も合わせていろいろありますし、簡易的な葬式を好む理由があるようす。
其れでも近所の知人が亡くなったが、其のことが全く知らなかったという事例もあります。 
実は先般でしたがかご近所の方がお二人も此処一ヶ月の間に亡くなったということを知らされたのです。

勿論、昔はご近所の方が亡くなった場合、近くの自治会報とか掲示板にけいさいされたし、通報が来てお通やなどやお葬式には参列しましたが、にこ近年では近所の方がなくなっても全く知らない状態が続いていたのです。

其の理由として、首都圏や都会では此処数年来、人が亡くなった場合は葬儀や艶においては「家族葬」という家族やお身内の方だけの少人数で行うということが流行になり、其のスタイルがアッというまに広がったのです。

以前はご近所の人達も交えて皆で通夜のお手伝いなどをしながら協力しあって、故人の家で通夜や葬式を行っていたものですが、皆が其れ等の形式を嫌がって居るようなのですね。 
特に、最近の人達は異口同音に費用がかかって大変だとか、其のために葬儀保険に入ったり貯金をしているとも言われています。

確かに、其の通りのこともあって、人が亡くなってどの様な通夜や葬儀をするかは、其の内の方のかってでしょうが、近所に住んでいてお馴染みの人思っていたと人が、いつの間にかこの世からいなくなったというのは悲しいことで、最後のお別れをしたかったというのは心ある人達の願いでも有るでしょう。

最近の世情の傾向としての葬儀のあり方

さて、話がチョット反れたようですが、家族や親類、其れに親しい友人・知人で小規模に行う葬儀の形式のことを一般には「家族葬」とよんでいますが、特に最近では此れ等の家族葬を選択する人達が確かに増えているようで、新聞紙上の広告や宣伝にもよく現れてきます。

家族葬とは葬儀の一つの形式で、故人との生前において親族などの深い関わりのあった方と別れを共有することで、充実した時間を過ごすことができます。 
ただ、家族葬にはハッキリとした此れと言った定義などはありませんがし、参列した人数なども数名から数十名程度で、一般的な葬儀と同様に通夜や葬儀の流れというのは大した変わりはありません。

家族葬は一般には小規模な葬式とも呼ばれていますが、其の一連の流れは基本的に一般の葬儀とほとんど変わることはなく仮通夜や本通夜を行い、其の翌日には本葬や告別式を行い、その後に供養などが済んだら火葬をします。

其の家族葬が選ばれる主な理由としては、先ず言えることは簡略化して小規模にした家族葬というのは現代における所謂、価値観というのにピッタリと当てはまっていることが挙げられます。 
特に、近年では高齢化で高齢のお年寄りが増えていますが、周囲を見渡しても故人が付き合いのある知人、友人が余りいなくなったケースが増えています。 

そのため参列人数は減少傾向にあり、葬儀は自然と小規模になったということもあるでしょう。

また、費用的にも従来の大規模に行う葬儀と比べても、参列者が少なくなった事から大幅に経費や費用を抑えることができるなど、様々な理由やメリットがあります。 

このことから、自身が亡くなった時もにも規模の大きな葬儀をするのではなく、家族たちにも気を使わせないで気安く見送ってくれるように、家族や身内だけで行うことを願っているというも方もあるようです。

家族葬の実際の費用について

一般的に言える葬儀を行う時に掛かる費用というものは、ざっくばらんに見積もっても葬儀一式費用や通夜や精進上げの時の飲食接待費用、其れに僧侶や戒名などの寺院費用などで、其れ等を合わせると平均的にも200万円前後ともいわれています。

葬儀一式の費用というのは、葬儀社による遺体の搬送や会館費用の場合は其の費用と通夜や告別式の飾り付け、其れに火葬に必要な物品、人件費などを含んだ金額のことを指します。 

また、参列者のための飲食や接待の費用というのは、振る舞いのための料理や飲食代や人件費で、勿論、参加人数に比例して多ければその分は高額になります。 

寺院関係の費用としては、通夜、葬儀での僧侶の読経や戒名を授かったりお礼として渡すお布施の費用ということになります。

従って、小規模に行われる家族葬の場合であれば、寺院費用を除いては少人数であるため、飲食、香典返し品費、接待にかかる人件費等が、殆どかからない費用で抑えることができますし、更には其の分手間もかからずに安易にできるというのが最大のメリットになるでしょう。

「家族葬」のような小規模お葬式は、最近では葬儀屋さんも心得ていて、低価格でも安心して出来るセット・プラン等を用意したり提供しているのが一般的になっています。 

つまりは飲食費代金は含まず、葬儀に必要な物品・サービス一式も割安で家族葬専用のプラン料金ということで可なりの格安で家族葬を執り行っているようです。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。