喪主の立場からみたお通夜の流れ

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

喪主の立場からみたお通夜の流れ
初めて喪主になる場合、流れがよく判らないということは自然なことです。
一般的な喪主の立場からみたお通夜の流れを見て行きましょう。

お通夜のお知らせから受付までの流れ

まず、お通夜や告別式の日時と場所が決まったら、故人と親交があった人達のリストを作って連絡しなければなりません。
同時進行で受付や会計はどうするか、案内の人などを考えて親族などに対応をお願いします。
葬儀社がしてくれることは葬儀場の受付や花祭壇、通夜振る舞いなどの設営、そして供花のとりまとめです。
葬儀社が作成してくれる供花のリストを基にして、相手の故人との関係、または社会的地位を考えた上で配列を指示しましょう。
それが終わったら、席次と焼香順の確認です。
御通夜の席順は一般的には祭壇に向かって右側に喪主とその家族、親族が座り、左側には友人や知人、そして会社で関係があった人などが座ります。
座った順番で焼香を行いますので、席を決めるときには配慮するようにします。
それが終われば会葬礼状や礼品を確認し、家族などに僧侶を迎えにいって貰って挨拶をします。
菩提寺にお布施を渡すタイミングですが、多くの場合は御通夜が始まる前、挨拶をした時に渡しますが、菩提寺によってもそのタイミングは違っています。
判らない場合には親族に確認し、それでもハッキリしなければ菩提寺に相談しましょう。
付き合いがなくて葬儀社が紹介した僧侶が読経をするのであれば、僧侶への挨拶やお布施の受け渡しは葬儀社がタイミングを伝えてくれます。

受付から閉式までの流れ

受付は通夜の開始の30分前からです。
喪主とその家族は開始15分前には着席して、僧侶を待つようにしましょう。
受付係は参列者の名前を確認した上で香典を受け取るという大切な役割ですから、信頼出来る人に頼むようにしましょう。
一般的には身内や親族は当日は慌しくしているため、友人や知人、故人の立場によっては会社の方にお願いすることも多いようですし、付き合いが深い場合には近所の人にお願いすることもあります。

また、受付係は参列者にトイレの場所や家族の居場所などをたずねられることがありますので、レイアウトは一通り覚えて貰うことも大切です。
受付に立つ人は家族の立場でお礼をのべ、香典を両手で受け取って芳名帳に記帳してもらいます。
これは告別式の時の受付でも同じです。
通夜に参列しなかった方が持参した香典を受け取り、記帳してもらいます。

お通夜の進行では、まず僧侶が入場して読経と焼香を行います。
続いて喪主、家族、それから親族、最後に一般の参列者の順で焼香し、一通り参列者の焼香が済めば僧侶が法話を行いますが、最近ではここは省略して僧侶はそのまま退場するケースが増えているようです。
これに関しては僧侶と葬儀社で相談して案内してくれます。
焼香のとき、喪主は参列者に黙礼をしましょう。

僧侶の退場の時に閉会を告げ、喪主は参列へのお礼や故人死去の報告、生前のご厚誼に対する感謝の言葉を述べ、参列者を通夜振る舞いの席へと案内します。
喪主の挨拶は丁寧ながらも短くまとめるようにしてください。

閉会から通夜振る舞い、棺守りまでの流れ

通夜振る舞いとは故人の供養と参列者へのお礼のために用意する食事の席のことを言います。
故人との最後の食事を共にする、と言う意味があり、喪主は食事や飲み物を振舞います。意味から考えて長居はマナー違反と言われていますので、一般的には通夜振る舞いは1時間ほどで終了することが多いようです。

通夜振る舞いも少しずつ意味合いが変わってきており、最近では家族が故人にかわって参列者に感謝の気持ちをこめたもてなしをする、という意味合いが強くなってきています。
また、僧侶の接待は家族や親族が行いますが、僧侶は通夜振る舞いを辞退することもあります。
その場合にはお布施とは別にして、食事の代わりとなるお膳料を用意して渡すようにしましょう。

喪主はこのために、参加者数をおおよそで良いので予測して、葬儀社を通して飲み物や料理を準備しておきます。
最後は喪主が時間を見計らって閉めの挨拶を行い、翌日の葬儀の時間も合わせて案内します。

参列者や世話役が退出して家族だけになれば、本来の意味での通夜が始まります。

夜を通して灯明と線香の火を絶やさないようにし、お棺に付き添うのが棺守りです。
これは体力、そして気力と余力のある遺族で行いましょう
。翌日の葬儀を考え、心身を消耗している遺族は無理をしないようにしなければなりません。
宿泊が出来ない際場でしたらこれは省略されますので、まずは事前にきちんと確認を取ります。
宿泊できるとなって棺守りをする場合、布団などの寝具は葬儀社が用意してくれるところもありますから、これに関しても確認をとっておくと安心です。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。