喪主の挨拶は大きな仕事?

喪主の大きな仕事とも言える挨拶とは?

喪主が挨拶する場面は?

喪主の挨拶が必要になる場面は、ご僧侶を迎える時に始まり、受付開始、告別式、出棺、精進落としの場となります。ここでは、喪主からの挨拶が必要となり、その場にあった挨拶を事前に考えておく必要があります。
まず、ご僧侶を迎える際の挨拶ですが、ご僧侶が到着次第、すぐに「本日は宜しくお願い致します。」などといった挨拶を行います。喪主の場合、忙しく、ご僧侶が到着したことに気付かない事も少なくありません。そのような場合でも、葬儀スタッフが気付き、案内してくれるため、葬儀スタッフの指示通りに動くと良いかと思われます。
また、受付に関しては、1人1人に受付の場で、「お忙しいところ、ありがとうございます。」と言う事が基本となりますが、これも、忙しい喪主にとって難しい事となります。その為、はじめに受付をお願いする親族などに挨拶し、あとは、時間がある時に行えば十分です。
そして、最も重要になる喪主の挨拶が告別式の最後の挨拶となります。この場合、マイクに向かい、参列者に向かって挨拶を行います。事前にどのような内容の話をするのか決めた上で、自信がない場合は、紙を手に持ち挨拶しても大丈夫です。また、どうしても、自信がない場合は、代弁を司会者に依頼する事も可能です。
その後、出棺の際にも挨拶が求められた場合、簡単な挨拶を行い、次に大切なのが精進落としの際の挨拶となります。この場合、親戚のみとなる為、少しは気持ちが楽になるかと思いますが、正式な場でもあると言う事で、正式な挨拶を行っておく事をお勧めします。

喪主の挨拶で使ってはいけない言葉とは?

基本的に告別式においても、精進落としの席においても、気持ちのこもった挨拶ならば、形式にこだわらず行えば良いと思います。故人があまり、堅苦しい事が嫌いな場合は、そういった事をはじめに参列者に伝え、その上で、ラフな形で挨拶しても大丈夫です。もちろん、この場合は、どのような人が参列者しているかによって変わってくると思います。家族葬の場合は、形式にこだわる必要はありませんが、仕事関係の人が多く参列している場合は、ある程度、形式に気を付け挨拶を行った方が無難です。
ただし、例えラフな挨拶をするとしても、いくつかの点には注意が必要になります。特に告別式では、使用してはいけない言葉があり、その言葉を避け、挨拶を考える事が大切です。
使用してはいけない言葉としては、重なる事を連想させる言葉となります。「重ね重ね、お礼申し上げます。」などといった言葉を使ってしまいそうですが、これは、不幸を重ねるという意味で禁句です。また、「ますます」と言った言葉も不適切となる為、そう言った言葉を避け、挨拶を考えなければいけません。
その他にも、「死亡」は「逝去(せいきょ)」と言い換え、「急死」は「突然の事」、「生存中」は「生前は」と言い換えます。
このような言葉に注意し、考えなければいけない挨拶。その為、不安に思う場合は、作成した挨拶文を葬儀スタッフに確認してもらうと安心です。そうする事で、使ってはいけない言葉などのチェックを確実に行う事ができます。

挨拶以外にも必要な献杯とは?

無事に告別式が終わり、精進落としの場になっても、喪主の仕事は続きます。この精進落としの席でも、喪主の挨拶が必要になり、この場にあった挨拶を事前に考えておく必要があります。とは言っても、告別式の時のように難しく考える必要はなく、短く簡単なもので良いかと思われます。
そして、その後に行われる献杯。献杯には、「杯を故人に捧げて敬意を表す」と言う意味があります。この献杯の場合、喪主ではなく、違う人の依頼する事もできますが、その場の流れで喪主が行う事は少なくありません。その為、あらかじめ、献杯のマナーを知っておく事も重要になります。
献杯の場合、乾杯とは違います。乾杯の場合は、杯を大きく上に上げたり、グラス同士を重ねる事と思いますが、献杯の場合は、杯を重ねる事もなく、大きく上に上げる事もありません。
また、乾杯の場合は、一気に飲み干し、その後、拍手などを行いますが、献杯の場合は、静かに口に入れ、拍手が行われる事もありません。
その後は、静かに故人を偲び、そして、供養する気持ちを込めて料理を頂きます。そして、食事が終われば、その後、最後の挨拶を簡単に済ませ、お通夜から始まったすべての式は終わりとなります。
この間、何度も訪れる喪主の挨拶。事前に考えておく必要があるものから、その場でも十分に対応可能なものまであり、そう堅苦しく考える必要はありません。ただし、使ってはいけない言葉や献杯のなどは、失敗が許されない場合もある為、より慎重に行う必要があります。