50~100万円で葬儀から納骨や仏壇の購入までを行う方法

50~100万円で葬儀から納骨や仏壇の購入までを行う方法

故人の供養に対する考え方と軽費で葬儀等を営むポイント

家族等が亡くなると、どこでどの様な通夜葬儀を営むかで悩まれる方が少なくないでしょう。

一般の葬儀では180万円程度が費用の平均と言われ、経済的にとてもそんな費用を掛けられないと言う方も少なくないのです。
有り余るお金があれば悩む事も少ないでしょうが、葬儀の後にも納骨仏壇購入等の費用が掛かる事を考えると、軽費で通夜・葬儀を営みたいと考えますし、それでいて直葬の様に寂しすぎる送り方は避けたいと考え、悩まれるのでしょう。

そうした方には、2つの視点でアドバイスしたいと思います。

気持ちの持ち方

まず1つ目は、気持ちの持ち方です。お金に余裕があり、立派な葬儀を営むのは誰の為なのかと言う事です。

多くの場合には、故人の地位遺族の地位や家柄と言った事に釣り合う葬儀にしたいと考えての事ではないでしょうか。

これは故人を悼み、故人を偲び、真心こめて故人を送る事とは余り関係なく、語弊を恐れずに言えば、単なる見栄と言えるのです。

従って、軽費の葬儀であっても決して卑下する事無く、故人を真心込めて送る事だけを考るべきと言う点です。
そして2つ目としては、50万円~100万円で葬儀を営み、さらに納骨仏壇購入まで行う事はポイントさえ知っていれば可能だと言う事です。

ただし、そのためには宗教宗派の習わし等に拘り過ぎないと言う点も必要と言えます。

真心こめて故人を送る事と、宗派の儀礼・儀式を忠実に守る事は違うという割り切りも少し必要と言えます。
次項・次々項で、軽費で葬儀を営み、その後の納骨・仏壇を購入して祀るまでを軽費で済ませるポイントを説明したいと思います。

通夜・葬儀を軽費で済ませるポイント

病院等で家族が亡くなると、すぐに葬儀社を決め、病院から葬儀会館にご遺体搬送をしてもらう必要が生じます。
この時、軽費で葬儀を営むには立派な葬儀会館ではなく、家族葬専用会館かそれと同等の会館を選定する事が最大のポイントです。
立派な葬儀会館でも、祭壇儀式に必要な様々なもののランクを最低水準とすればそれなりの費用は圧縮できますが、どうしても式場の広さを考えて祭壇を選んだり、日本人の性格として最低ランクの品は選びにくく、結局高い費用になってしまうからです。
家族葬専用会館で参列者が20人以下なら、60万円程度で通夜葬儀を営む事が出来ます。

また葬儀社経由で僧侶をお願いすれば、15万円から20万円程度の定額のお布施で済み、合計で75万円から80万円で一般の葬儀と同じ流れの通夜・葬儀を営む事が可能です。
葬儀納骨仏壇を祀るまですべての費用で50万円程度に抑えたい場合には、通夜を営まず1日葬とすれば35万円程度で、通夜はありませんが、一般の流れと同じ葬儀を営む事が出来ます。

ただし僧侶読経を頂くと、お布施が15万円から20万円掛かりますので、僧侶は呼ばずにCD等で葬儀時にお経を流す方法を採ります。
葬儀社には事前に僧侶を呼ばずに1日葬を営みたいと相談されると良いでしょう。

僧侶を呼んでも葬儀社の収入にはならないので、拒否する葬儀社はないと思います。
僧侶には読経をしてもらう事と合わせて、戒名浄土真宗では法名)を頂きますが、その戒名はネットで付け方を調べて遺族が付ければ良いでしょう。

この葬儀なら葬儀社に支払う35万円で葬儀を営む事が可能ですが、前項で記載した様に僧侶にお願いしないと言う割り切りが必要です。

納骨と仏壇の購入・お祀り

納骨埋骨として、先祖代々のお墓に埋骨する場合には、5万円程度の費用お布施が必要で10万円以下で済む事が多いでしょう。
しかし埋骨すべきお墓ない場合には、新たに墓地霊園を求め、そこに墓石を建立するか、個別の骨壺で納められる納骨堂に納骨するか、合祀墓埋骨するかのいずれかになります。
葬儀から一式50万円から100万円の軽費で済ますには、当然新たなお墓の建立は不可能です。
また納骨堂は施設にもよりますが、全国平均では40万円程度と言われており、余程格安の納骨堂以外では、やはり合祀墓を選択せざるを得ないでしょう。合祀墓なら5~10万円永代供養してもらえます。
次に四十九日法要が済めば、安くても仏壇の購入が必要です。

月命日や、年次法要は僧侶を呼ばなくても、を供え、線香を上げ、故人を偲びたいものです。

その時、遺影を飾るだけでなく、仏画を掛けたコンパクトでも仏壇があれば、少しでも宗教的に適ったお参りが可能と言えるからです。
ネット通販でコンパクトな仏壇と最低減の仏具で10万円あれば揃える事が可能です。

本来は性根入れ僧侶にしてもらうのですが、この点は宗教習慣に拘らず省略すれば良いでしょう。
合祀墓とコンパクト仏壇で15万円から20万円の費用で抑える事が出来、葬儀35万円で抑える方法にすれば50万円ですべてを終える事が出来ます。
また小規模ながらきっちりと僧侶をお願いして通夜・葬儀を営んだ場合では、総額で90万円から100万円となり、これならきっちり性根入れ僧侶にしてもらうお布施を考えても100万円程度とする事も可能です。