家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリット

最近よく選ばれている家族葬とは

従来の葬儀である一般葬は、さまざまな方たちをお呼びして大規模に行われるものでしたが、最近では小規模なスタイルとして知られる「家族葬」を選ぶ方が増えています。家族葬というのは、文字通り家族を中心に、親族や友人・知人といったごく親しい方たちだけに参列者を限定するというスタイルであり、従来の一般葬よりも参列者の規模が少なくなることが最大の特徴だと言えるでしょう。実際の参列者に人数については、一般葬の場合は100名を超える場合もありますが、家族葬の場合だと数名~30名程度になるのが普通です。呼ぶ範囲に関しては、特に決まりはないため、家族だけで済ませる場合や、ごく親しい友人・知人を含める場合など、主催する側の都合に応じて自由に決めることが可能だと言えるでしょう。ではなぜ最近、家族葬を選ぶ方が増えているのかというと、それは、葬儀に対する価値観やライフスタイルの変化などが影響していることが考えられます。従来の大規模な葬儀では、家族や親族などの身内だけでなく、会社関係者やご近所の方など幅広い立場の方たちを呼ぶのが普通でした。しかし最近は、大勢の方を呼ぶのではなく、身内や親しい方たちだけでこじんまりと行うことを好む傾向が強くなっていると言えます。それに社会的な付き合いが少なくて、そもそも参列者として呼ぶ方があまりいないというケースも多いため、小規模なスタイルのほうが合っているという場合もあると言えるでしょう。

家族葬にはどんなメリットがあるのか

家族葬のメリットとしては、1つ目に「アットホームな葬儀にすることが出来る」ということが挙げられます。このスタイルの葬儀では、参列者をごく親しい方たちに限定出来るため、気心の知れた方たちだけのアットホームな雰囲気での葬儀が可能です。そして2つ目のメリットとしては「ゆったりとした気持ちで故人を偲ぶことが出来る」ということが挙げられます。大規模な一般葬では、大勢の参列者の対応に追われて休む暇もないというケースも少なくありませんが、家族葬は小規模な葬儀なので、次々に訪れる参列者への対応で疲れるということはないと言えるでしょう。特に大切な方を亡くしたばかりの時に、大勢の参列者に対応するのはとても大変なことなので、少しでも精神的な負担を減らしたいという場合に向いていると言えます。さらに3つ目のメリットとしては「比較的自由な形式での葬儀も可能になる」ということが挙げられます。最近は、仏教などの宗教形式にこだわらない自由葬(無宗教葬)を選ぶ方も増えていますが、従来の形式とは異なるため周囲の理解が得られない場合があります。しかし家族葬であれば、身内の理解を得るだけで済むため、比較的自由な形式での葬儀が行いやすいと言えるでしょう。そして4つ目のメリットとしては「葬儀費用が安く済む」ということが挙げられます。一般葬の葬儀本体費用は100万円を超える場合も少なくありませんが、家族葬の葬儀本体費用は50万円程度が相場だと言えますし、人数が少ない分、飲食接待費用も安く抑えることが可能です。

注意しておきたい家族葬のデメリットとは

一方で家族葬のデメリット(注意点)としては、1つ目に「周囲の理解が得られない場合がある」ということが挙げられます。家族葬は最近選ぶ方が増えているものの、従来の大規模な葬儀に慣れている方からすると違和感を覚える場合があり、理解が得られないこともあるでしょう。ですので、事前に十分な説明をして理解を得るようにしておくことも大切だと言えます。2つ目に挙げられるデメリットは「参列出来なかった方が後日自宅へ弔問に訪れる場合がある」ということです。家族葬の場合は、本来であればお呼びする方を呼ばないことも多いため、葬儀に呼ばれなかった方が後日自宅へ弔問に訪れるというケースが少なくありません。そのため、弔問に訪れる日時を調整するなどの手間がかかってしまうことがあるでしょう。弔問に来ていただくこと自体は有難いことなので、お受けした方がいいと言えますし、あらかじめこうしたことがあることを想定した上で家族葬を選ぶことも重要だと言えます。そして3つ目に挙げられるデメリットは「香典収入があまり見込めない」ということです。家族葬は少人数で行われるため、大規模な葬儀のように香典による収入が少なくなりますし、そもそも初めから香典を辞退するケースも少なくありません。ですので、香典収入による葬儀費用の軽減が出来ないということが言えるでしょう。そのため、場合によっては一般葬の葬儀費用とあまり変わらないケースもあるので注意が必要です。