お通夜・告別式を滞りなく行うために

お通夜・告別式を滞りなく行うために

臨終を迎えてから遺体の搬送まで

身内が亡くなった場合、家族の方には色々な準備や手続きがあると考えられます。
様々なことを滞りなく行うためには、しなければならない手配や手続きなどが数多くあります。
今回は、お通夜・告別式を滞りなく行うための準備について、順番に説明していきたいと思います。

重要なのはまず、臨終を迎えたときには、遺体の安置場所をどちらにするべきか選ばなければなりません。
遺憾ながら病院で死亡された場合、病院内に遺体を安置可能であるのは、およそ数時間ぐらいではないでしょうか。

そのため、病院から遺体をどこに搬送するかを考えなければなりません。
搬送先としては、自宅、葬儀社のホール、火葬場などの霊安室等が考えられます。
もし、自宅を選択する場合、十分な広さがあるか、弔問客の対応ができる体制が整っているかなどを確認しておくとよいでしょう。
自宅が狭い場合や弔問に来られる方の対応が困難な場合などは、葬儀社のホール(安置室)を選択することが考えられます。
また、安置室のない葬儀社へ頼む場合などには、火葬場にある斎場の霊安室を安置する場所として選択できます。
搬送をお願いするときに気をつけたいのは、病院から紹介された葬儀社にお願いをする場合です。
そのままの流れですと、その葬儀社に葬儀を依頼することになってしまうため、「搬送だけをお願いしたい」など、範囲を明らかにしておくことが必要です。
あるいは、葬儀社ではなく、遺体の搬送を専門にしている寝台自動車の会社に搬送を依頼することも考えられます。

葬儀の事前準備について

葬儀の準備としては、どの葬儀社に依頼するかを考えなければなりません。

葬儀社を選ぶにおいては、何箇所か考慮しておかなければならない重要な部分があります。
さしあたって、葬儀社の担当者が信頼のもてる人物ということが肝心だと思います。

重要な葬儀を任せるのですから、マナーがよく、知識が豊富であることが望ましいと思います。
また、こちらが伝える希望などをきちんと受け止めて対応してくれる葬儀社がよいでしょう。
料金などでトラブルにならないようあらかじめ見積書を出してもらい、内容を明確に説明してもらうことをおすすめします。
見積書の一つ一つの項目をチェックし、どこまでの費用が含まれているのかを確認しておくとよいでしょう。
さらに、葬儀では、身内だけしか知らない個人情報を扱うこともあるため、守秘義務が徹底されている葬儀社を選ぶことが重要です。
社内管理が徹底されており、個人情報の管理がきちんと行われている葬儀社を選ぶとよいでしょう。
また、葬儀では喪主を決めて、遺族の代表として葬儀を行う必要があると考えられます。
具体的な葬儀の手続きは葬儀社が進めることになりますが、決裁を行うのは喪主ですので、喪主には大きな責任があるといえるでしょう。
弔問を受けるのも喪主の役割のため、故人を偲ぶ気持ちに関しても、喪主は大きな役割を果たしていると考えられます。
どの人物を喪主にするのかは、家族でよく話し合って決めるとよいでしょう。
葬儀案内は、葬儀社と相談して葬儀の日が決まれば、すぐに通知しなければなりません。

通夜・告別式・葬儀での喪主のあいさつなどについて

喪主は、通夜・葬儀の間は、弔問客への対応をしなければなりません。
弔問客に対しては、「生前は個人がお世話になりました」といった簡単な言葉を述べるとよいでしょう。
喪主があいさつをするタイミングについては、事前に確認しておきたいポイントです。
読経、焼香が終わって、通夜振る舞いの前にあいさつするか、通夜振る舞いの席であいさつするとよいでしょう。
あいさつの内容については、弔問客へのお礼、故人が生前お世話になったことへのお礼などが内容として考えられます。
葬儀・告別式ですべての儀式が終わり、棺を霊柩車へ運んだ後にもあいさつしておいたほうがよいでしょう。
このときには、故人の人柄、思い出などを話してもよいかもしれません。
また、葬儀へ来られた方へのお礼も忘れないようにしておきたいものです。
さらに、通夜での席順についてですが、一般的に血縁の濃い順番だと考えられています。
具体的には、棺に一番近い席から順番に、喪主、喪主の配偶者または子ども、故人の兄弟姉妹、その他の親族と続くことになります。
親族の次には、来賓、知人、友人と席順が続きます。
焼香を行う順番も席順と同じ順番だと考えておくとよいでしょう。
告別式と葬儀は、これまで同時に行われる形となっていました。
厳密に言えば、「告別式」とは個人や遺族の社会的な応対のことを指しています。
そして、「葬儀」とは「葬送儀礼」を略した言葉です。
「葬送」とは、ご遺体に関わる、納棺や火葬などへの対応のことです。
「儀礼」とは、宗教的な対応のことで日本の場合は仏教作法によることが多いでしょう。