仏壇購入時期は四十九日の忌明けの法要までが良い

仏壇の開眼供養について

仏壇を購入するタイミング

仏壇を購入する時、いつ購入したら良いのかということで悩む人もいるかもしれませんね。
仏壇を新しく購入する場合、四十九日の忌明けの法要までに購入するということが多いです。
しかし、いつ購入しなければいけないということが決まっているわけではありませんので、タイミングが良い時に購入すれば問題ありません。
喪服を購入するタイミングと同じですね。
また、引っ越しをした時などは引越しのタイミングが仏壇購入になることもあります。
お盆やお彼岸に合わせて購入する人も多いですので、思い立った時、タイミングが良い時に購入すれば問題ありません。
かつては分家したときに購入するということがありましたが、最近では各家族かが増えているため、このような習慣も薄れつつあります。
さらに、

  • 閏年に仏壇を購入してはいけない
  • 特に誰かがなくなったわけではないのに仏壇を購入するなんて縁起が悪い

などという人もいますが、そのようなものはあくまでも迷信ですから心配いりません。

さらに、各家庭に仏壇が1つなければいけないというわけでもありません。
実家から自宅に仏壇があるのであれば、新しく購入する必要はない場合もあります。
すでに仏壇があるのであれば、それに対して法要を行えばよいのです。
例えば、自宅に仏壇があるという男性が結婚し、家を出た場合、実家に仏壇があるのですから自分の家にもということで仏壇を買う必要はありません。

もしも新しく購入するならば、仏壇店から仏壇を購入することもできますし、菩提寺から仏壇店を紹介してもらって購入するということもできます。

仏壇の開眼供養と魂入れについて

仏壇を新しく購入したら、ただそれを家に設置すれば良いというわけではありません。

これは仏教において非常に重要なものですから、菩提寺などに依頼を行い、仏壇に祀る本尊や位牌等に対し、開眼供養を行わなければいけないのです。この開眼供養は魂入れと呼ばれることもあります。

もしも菩提寺がない場合は僧侶派遣サービスなどを利用しても良いかもしれません。

菩提寺にお願いするよりも金額を安く抑えることができます。
これは、新しい仏壇に本尊や位牌が置かれるということを示す大切な儀式です。

仏壇や本尊に命を吹き込むという意味があり、本来の働きができるようにするためのものですから、仏壇を購入したら欠かせない行事ということになります。

仏壇も購入して開眼供養をせず、ただ家の中に置いてお祀りするというだけではいけません。

浄土真宗においては新しい仏壇を購入するという事は新しい本尊をお迎えするということになり、新たな生活が始まるということになります。

基本的には赤い和ろうそくを用いて開眼供養を行います。

また、浄土真宗以外でも赤いろうそくを使うことがあります。
開眼供養は四十九日1周忌法要で行われることが多いです。

日時は菩提寺等と相談して決めれば問題はありません。

読経お焼香会食、という流れで行われるのが一般的です。

ただし地域や宗派によってはやり方が決まっていることもありますので、事前に確認をしておくことが重要です。

開眼供養と一緒に納骨を行う場合、開眼供養と四十九日の法要をした後、納骨法要を行い、会食という流れになることが多いです。

開眼供養で用意するものについて

開眼供養をする場合、お供えするものとしてはお花赤いろうそくお水お茶ご飯御膳果物お菓子、そしてお線香が挙げられます。

宗派によって違いがありますので事前に確認をしましょう。
開眼供養をするならば、まず僧侶がやってくる前にご飯を炊き、仏壇に仏器をお供えしておきます。

そしてお花を備え、御仏前に料理を盛り付けてお仏壇に置きます。

お箸を置くときには仏壇のほうに向けておきましょう。

白い紙を敷いた高坏の上に果物やお菓子をお供え、赤いろうそくの用意をしておきます。

もしも親戚が集まる場合はお焼香をしましょう。
開眼供養で僧侶を呼ぶ場合、謝礼が必要になります。

御礼や開眼法要御礼として大体10,000円から30,000円を包みましょう。

インターネットなどで派遣サービスを使う場合は値段が異なる場合があります。

白封筒に入れても良いですし、奉書紙に包んでも良いです。

水引は紅白の蝶々結びを持ちましょう。

祝儀袋を利用するならばのしは必要ありません。

開眼法要に参列する場合、派手な服装でなければどのような服装でも問題はありません。

お祝い事ですから、落ち着いた服をきていれば良いのです。

ただし、納骨法要を行うならば喪服を着用するようにしましょう。

慶事にあたるのか弔事にあたるのかということを事前に確認しておくことが重要です。

また、宗派や家族のあり方によっては開眼供養に親戚を呼ぶということもあります。

もしも遠くから親戚が来るようであれば、その手配も必要になります。

新しい生活の始まりですから、後悔のないような開眼供養をしておきたいですね。