相続放棄と仏壇の祭祀承継

相続放棄をした場合に仏壇はどうなるのか

相続財産を引き取らない場合

親がなくなると、子供たちがその財産を相続していくことになります。
しかし、親が借金だけを残してなくなったりすると、相続人が財産を相続したくない、相続放棄をする、といった決断を下すことがありますよね。
もしもお墓や仏壇がある場合、そのお墓や仏壇も相続の対象になります。
つまり相続放棄をした場合はお墓や仏壇も相続しないということになるのです。
しかし、実はここには問題があります。
確かに相続放棄をした場合、遺産の相続ができなくなります。
ただし借金があるために相続人全員が相続放棄をするという事は近年珍しくありません。
ただし、相続放棄をしたときに受け取ることができなくなるのは相続財産であり、実はお墓や仏壇は相続財産ではありません。
それらは先祖奉るために必要なものであり、祭祀財産と呼ばれているのです。
これらは遺産相続などにおける相続財産とは異なり、法定相続人が相続するものではありません。
祭祀財産を受け継いでいくのは祭祀承継者になるのです。
つまり、お墓や仏壇は相続財産ではないため、仮に借金などがあって相続放棄をしたとしてもお墓や仏壇を継ぐことができないというわけではありません。
そのため、借金を相続したくないからという理由で相続放棄をしたとしても、お墓や仏壇を守っていく事は可能なのです。
基本的には墓石や墓地、仏壇や仏具、神棚など先祖を祭るために必要なものが祭祀財産になります。
言い換えれば、法定相続人が遺産相続をしていく中で違う人間が祭祀財産を相続していくということが可能です。

祭祀継承者はどのように決めるのか

祭祀財産を引き継いでいく人物を決める場合、まず被相続人の意思が重要になります。
もしも遺言等で誰がお墓や仏壇を継承していくのか指示されている場合、その人が祭祀承継者となるのです。
もしも遺言等で指定されていない場合は慣習によって決まります。
もしもその家族では長男が承継していくということになれば、長男がお墓や仏壇を引き継ぐことになります。
もしも誰が引き継ぐのか決まっていないなどという場合は家庭裁判所を通じて決定することができます。
祭祀承継者を決めてほしいと思っている人が家庭裁判所に調停を行い、その手続きの中で妥当だと思われている人同士が話し合いをすることになります。
それでももし承継者が決まらないのであれば、家庭裁判所が審判を行って決定します。
相続放棄をしたとしても祭祀承継者になる事は可能ですので、もしも財産放棄をしているからお墓や仏壇等を引き継げないと思っているのであれば心配はいりません。
ただし、お墓や仏壇等は相続財産にならないからといって金の仏像などを作り、財産放棄をしてそれらの仏像を引き継ぐといったやり方は場合によっては調査が入ります。
例えばお墓や仏壇など祭祀財産には相続税がかからないため、税金対策のために生前に購入しておくという人がいますが、だからといって「財産相続はできないけれど出来る限り仏具などを購入し、財産放棄をしても手元に財産が残るようにしたい」という事はできませんので注意が必要です。

いらないのに引き継ぐことになった場合

しかし、場合によっては仏壇を引き継ぎたくないにもかかわらず引き継ぐことになってしまう、という人が出てくる可能性があります。
確かにご先祖様の供養はしなければいけないと分かっていながらも、お墓や仏壇を引き継ぐという事は負担がありますし、法要をしっかりと行っていかなければいけないという事ですから簡単なことではありません。
また、家が小さくて仏壇を引き継いだら家が狭くなる、などと悩む人もいるかもしれませんね。
もしも仏壇自体を家に置きたくない、先祖の供養には関心がない、などということであればいっそのこと永代供養等を支払い、お寺に管理してもらうということも可能です。
お墓そのものを処分し、遺骨等は永代供養として共同墓地に入れることにより、33回忌程度までは供養をしてもらうことが可能です。
また、仏壇や位牌を処理する場合はしっかりと魂抜きを行うようにしましょう。
関心がないからといって、開眼法要をした仏壇などを粗大ゴミとして捨てる事はできません。
もしも仏壇が家のインテリアに合わない、自分たちのスタイルに合わない、ということであれば新しい仏壇の購入を考えても良いかもしれません。
最近では洋風の家にも合うようなデザインの仏壇も作られていますし、家の大きさが気になるのであれば家具の上に乗せるタイプの仏壇もあります。
しかし、あなたの仏壇を購入する場合もやはり魂抜きをしっかりと行って古い仏壇を処分し、新しい仏壇の開眼法要を行うようにしましょう。
お墓や仏壇は要らないという場合も、なぜ要らないのかということによって対処法が変わってきます。
いらないから処分する、ということではなく、新しいものを新調するという選択肢も踏まえて対応していけると良いですね。