家族葬・自宅葬のメリット

家族葬・自宅葬のメリットについて

故人との別れを惜しむ時間を確保できる家族葬

最近の葬儀はこじんまりとした中で行うことが多くなってきています。
故人の家族や親しい友人だけを呼んで葬儀を行うという形式を推奨している葬儀屋も結構増えてきているように思います。
実際に、セレモニー会場のような大きな会館で葬儀を行う場合、葬儀屋としても次から次へと葬儀のスケジュールが立て込んでくる場合があるため、葬儀は計画通り進めていかなければなりませんから、時間通りに行事を進めていってしまいます。
なので、通夜を行い、次の日には告別式をして出棺し、その後火葬するという形となり、時間で区切ってどんどん進行していきますから、遺族は葬儀の中で故人とゆっくり最後の別れを惜しむ暇さえ、場合によってはありません。
大抵の場合、葬儀の主催者である喪主や施主は葬儀屋との調整だけでなく、読経してもらうためにお寺のお坊さんとの調整や、故人の訃報について知人や親族等に連絡をしたり、死亡届等の手続き関係等、色々な作業が生じてきてしまい、故人の別れを惜しんでいるほど余裕がないことも往々にしてあります。
また、大きなセレモニー会場だと、葬儀場が2か所も3か所も設置されているような場合もあり、葬儀の日に別の家族の葬儀と重なって、セレモニー会場全体が混雑するなんていうこともあって煩わしく感じることもあります。
セレモニー会場では祭壇を設置できるほどのスペースも十分環境が整っており、葬儀を執り行いやすい反面、このようなデメリットもあることから、こじんまりとした葬儀が最近では選ばれている傾向があると言えます。

自由度が高い自宅葬のメリット

こじんまりとした葬儀の中には「自宅葬」というものもあります。
葬儀会場を普段故人が住み慣れた自宅で行うというものです。
愛着のある自宅は故人にとっても様々な思い出があるでしょうから、そういった場所で最後の別れを惜しむのも遺族にとっても故人にとっても、嬉しいことかもしれません。
特に、先述の葬儀会場の時間的都合により、通夜と告別式を時間的縛りで執り行うということを考えなくてよく、遺族の好きなタイミングで行い、進めていけることから、メリットの一つと言えます。
自宅葬は元々昔から行われてきた葬儀の形式ではありますが、昔の場合は大抵一軒家であり、襖等で壁が仕切られていたことから、襖を外せばそれなりの広さを確保できるという事情があったため、執り行えたのです。
しかし今では殆ど行われていないのが現状です。
というのも、やはり住宅事情を考えれば、最近ではマンション等の集合住宅が多いことから、故人のご遺体を自宅まで搬送するにも、スペースが無いのが難しい点と言えます。
マンションであればご遺体を搬送する際、棺をエレベーターに乗せるスペースがないと出棺もできないでしょう。また、自宅でも葬儀を行うとすればある程度供花や棺を安置するスペースも必要となることから、自宅である程度広いスペースを確保できる場合でないと、なかなか困難でしょう。
また、故人を惜しんで色々な人がそのマンションに出入りするわけですから、近隣の住民から騒音等で苦情が出る可能性もあり、なかなか自宅葬を行う環境が無いというのが現状です。

家族葬の最大のメリットは低価格で行えること

自宅葬もしたいけれど自宅にはスペースが無いため、こじんまりとした葬儀をどこかの会場でできないかと思案する家族が増えたことから、最近は小さい規模で葬儀を行う「家族葬」の形式をメインで執っている葬儀屋が数多くあります。
その背景には昔と違い、高齢化が進んでいることから、故人の生前の知人も高齢であったりして、葬儀に参列できないといったことも多く、結局のところ、ごく親しい知人や家族だけでの葬儀となるため、そこまで大きな会場を手配してまで葬儀をやる必要性が無くなってきたということがあります。
家族葬のメリットは沢山あり、その一つは葬儀自体が低価格で抑えられるという事です。
セレモニー会場のような大きな会場であれば、広い分それだけ見栄えを良くしないと様にならないことから、供花も多くする必要があり、コストがかかります。
それに比べ、家族葬の場合は参列者も少なく、葬儀会場もそこまでの広さを必要としないため、供花も少なくて済み、結果的にコストを削減することができるのです。
また、会場が小さく参列者も少ないことから一つの葬儀に対して葬儀屋スタッフが対応する人数も減らすことができるため、人件費も削減でき、コストダウンにつながります。
家族葬の形式は自由であり、通夜をしてから告別式を行うという形式に捕らわれる必要もありません。お坊さんによる読経についても、通夜では行わず、告別式のときだけ執り行うということもできます。
故人の趣味だったものを葬儀会場に飾るなんていうこともでき、葬儀の形態は自由にすることができます。
葬儀屋にもよりますが、単純に宗派にもこだわらないのであれば、家族葬は40万円程度からコースがありますので、費用の面で気になる方は検討するのが手ではないかと思います。

葬儀依頼してよかった?!

分からないことだらけの葬儀・・・

葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式~葬儀・納骨や遺品整理に悩みますね。

低額ながら豪華なお葬式も・・・

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方