逝去から通夜と葬式・告別式の一連の流れ

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

ご逝去!人が亡くなられた時のお通夜と葬式・告別式の一連の流れ

<h2>故人の葬式の施行の仕方や考え方</h2>
家族や身内の方が亡くなって先ずは気が動転してしまいますが、世間とはうまく出来ているもので、ご近所には親戚建ちや既に経験済みの世間の詳しい方もおりますので先ずは落ち着いて行動することです。

そして、こんな不幸の折に初めて喪主や世話人を勤める方、其れに葬儀などの経験や会葬経験がない方でも、有る程度年齢が達している方はお通夜や葬儀・告別式という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

先ず、葬儀・葬式というのは、一般的は通夜が1日目、其れに本葬・告別式が次の日で都合で2日間に亘って行われる別れの儀式ということになります。 1日目のお通夜というのは本来は家族や親族、極く親しい友人といった身近な人たちによって故人のお別れをすることになります。

故人の枕元には線香や蝋燭(ロウソク)の火を絶やすことなく、故人とともに夜を通して一緒になって身内と語り合いながら故人をしのぶ儀式のことになります。 此れは、本来は仮通夜とも言っておりますが、この時の本通夜や葬儀・告別式などの喪主や係りや段取りや式次第を決めることになります。

そして、本通夜は概ね、期日が決ったその日に仕事や会社の関係や近所の方も会葬しやすい夕方の6時から7時頃のあいだに行われるのが普通です。 この時は、勿論、会場となるセレモニーホールにおいて、故人の飾りつけなどを行い、僧侶を招いて読経が始まるようになります。

この時には、僧侶の読経に合わせるように会葬者の焼香が始りますが、焼香が終わった後には故人との最後のお食事の場ともされる通夜の「振る舞い」を用意して会葬者をもてなし、夜のうちにお開きになる本通夜が主体になっています。

<h2>一般的な「通夜」の事項について</h2>
通夜の振る舞いには、簡単な料理物やオツマミと飲み物がテーブルに出されますが、お通夜は特にお開きの時間というのは決ってはいませんが、通夜の本来の意味を考える場合は余り長居をしないのが普通でありマナーでも有るようです。 強いて言うなら振る舞いの時間というのは概が1時間前後で引きあげるのが通常のケースになるようです。

然しながら連絡を受けたが仕事の関係で通夜の時間に間に合わない場合には、本葬にのみの会葬も別に問題は無いのですが、特に、生前において故人との関係が特別に親しいときには、お通屋の時間から外れても出きるだけ駆けつけて、お別れをしたほうが親族からも喜ばれるでしょう。

そして尚、お通夜や本葬、告別式においてはチョット大掛かりになりますと、喪主が故人と親交のあった方のリスト等を作りあげて本人たちに了解ももらい、受付けや会計係、其れに道案内や駐車場の案内などをお願いする時もあります。

お通夜や本葬・告別式の席順というのはほぼ共通になりますがは、其れは、式場のホールの形などにもよりますが、一般には飾りつけられた祭壇に向かって右側が所謂、上座になって喪主や配偶者、近親者たちで主には家族や親族のかたが座るようになります。

一方、左側には会社関係のお偉いさんや故人との友人や知人が座ることになりますが、其の他の一般の会葬者の席は、左・右の後方の席又は立って待機するようになります。 更には、僧侶の指示に従って焼香するようになりますが、勿論、座席の順に焼香を行うようになります、

<h2>本通夜から本葬・告別式で最後のお別れ</h2>
さて、本通夜が終わりましたら概は次の日に本葬儀・告別式が行われます。 この時が故人との最後のお別れになり、告別が済んだら直ちに火葬されて故人は天国に昇天し、亡骸のみの遺骨の姿になってしまいます。

ただ、一昔前か特別に名を残された故人の場合は、本来は葬式と告別式(お別れの会)の2つの儀式からなるのが普通でした。 この「お別れの会」は特別に葬儀委員長や各係りを決めて、「社葬」とか「故人を忍ぶ会」などを全く別な日に行われる場合もあります。

しかし、近年では葬式と告別式といったものは普通の葬儀では葬儀イコール告別式といった考え方で、区別をしないで一連の流れの中で施行されるのが一般的になったようです。
そして、葬儀の場合はお通夜と本葬の告別と両方に会葬するのが普通ですが、友人や知人関係で遠方の場合は、本葬・告別に重きを得て参列するのが本来でしょう。

葬儀・告別式の進行は概は、午前中に行なわれるのが通例で、開始時刻がきたら通夜と同様に着席して僧侶を待ち、同様に親族から会社関係、友人知人、それから一般の参列者が着席します。 僧侶が入場してきたら読経に併せて此れも通夜同様に焼香をします。

焼香が概ね終わった段階で、弔辞や弔電の紹介になりますが、会館の司会者の案内であらかじめ決められていた会葬者代表が弔辞を読み上げ、併せて、弔電が有る場合には其の直後に紹介されます。

その後は、火葬場への出棺準備になりますが、この時には飾り付けられていた花類の「花入れ」が行われ、故人が横たわっている柩(ひつぎ)に花や思い出の遺品を手向けながら入れます。 実はこの時が故人の本来の姿との最期のお別れということになり、そして遺族たちの悲しみの涙が落ちこぼれる瞬間でもあります。

その後は、会葬者に向かって喪主の「閉式の辞」のあいさつが行われるはずですし、所謂、出棺の準備に移り、遺体は火葬場へ向かい、火葬後は遺骨を骨壺に収めて、「精進落とし」の席に移動し散会となるのが普通です。

喪主の立場からみたお通夜の流れ

ご逝去!人が亡くなられた時のお通夜と葬式・告別式の一連の流れ

<h2>故人の葬式の施行の仕方や考え方</h2>
家族や身内の方が亡くなって先ずは気が動転してしまいますが、世間とはうまく出来ているもので、ご近所には親戚建ちや既に経験済みの世間の詳しい方もおりますので先ずは落ち着いて行動することです。

そして、こんな不幸の折に初めて喪主や世話人を勤める方、其れに葬儀などの経験や会葬経験がない方でも、有る程度年齢が達している方はお通夜や葬儀・告別式という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

先ず、葬儀・葬式というのは、一般的は通夜が1日目、其れに本葬・告別式が次の日で都合で2日間に亘って行われる別れの儀式ということになります。 1日目のお通夜というのは本来は家族や親族、極く親しい友人といった身近な人たちによって故人のお別れをすることになります。

故人の枕元には線香や蝋燭(ロウソク)の火を絶やすことなく、故人とともに夜を通して一緒になって身内と語り合いながら故人をしのぶ儀式のことになります。 此れは、本来は仮通夜とも言っておりますが、この時の本通夜や葬儀・告別式などの喪主や係りや段取りや式次第を決めることになります。

そして、本通夜は概ね、期日が決ったその日に仕事や会社の関係や近所の方も会葬しやすい夕方の6時から7時頃のあいだに行われるのが普通です。 この時は、勿論、会場となるセレモニーホールにおいて、故人の飾りつけなどを行い、僧侶を招いて読経が始まるようになります。

この時には、僧侶の読経に合わせるように会葬者の焼香が始りますが、焼香が終わった後には故人との最後のお食事の場ともされる通夜の「振る舞い」を用意して会葬者をもてなし、夜のうちにお開きになる本通夜が主体になっています。

<h2>一般的な「通夜」の事項について</h2>
通夜の振る舞いには、簡単な料理物やオツマミと飲み物がテーブルに出されますが、お通夜は特にお開きの時間というのは決ってはいませんが、通夜の本来の意味を考える場合は余り長居をしないのが普通でありマナーでも有るようです。 強いて言うなら振る舞いの時間というのは概が1時間前後で引きあげるのが通常のケースになるようです。

然しながら連絡を受けたが仕事の関係で通夜の時間に間に合わない場合には、本葬にのみの会葬も別に問題は無いのですが、特に、生前において故人との関係が特別に親しいときには、お通屋の時間から外れても出きるだけ駆けつけて、お別れをしたほうが親族からも喜ばれるでしょう。

そして尚、お通夜や本葬、告別式においてはチョット大掛かりになりますと、喪主が故人と親交のあった方のリスト等を作りあげて本人たちに了解ももらい、受付けや会計係、其れに道案内や駐車場の案内などをお願いする時もあります。

お通夜や本葬・告別式の席順というのはほぼ共通になりますがは、其れは、式場のホールの形などにもよりますが、一般には飾りつけられた祭壇に向かって右側が所謂、上座になって喪主や配偶者、近親者たちで主には家族や親族のかたが座るようになります。

一方、左側には会社関係のお偉いさんや故人との友人や知人が座ることになりますが、其の他の一般の会葬者の席は、左・右の後方の席又は立って待機するようになります。 更には、僧侶の指示に従って焼香するようになりますが、勿論、座席の順に焼香を行うようになります、

<h2>本通夜から本葬・告別式で最後のお別れ</h2>
さて、本通夜が終わりましたら概は次の日に本葬儀・告別式が行われます。 この時が故人との最後のお別れになり、告別が済んだら直ちに火葬されて故人は天国に昇天し、亡骸のみの遺骨の姿になってしまいます。

ただ、一昔前か特別に名を残された故人の場合は、本来は葬式と告別式(お別れの会)の2つの儀式からなるのが普通でした。 この「お別れの会」は特別に葬儀委員長や各係りを決めて、「社葬」とか「故人を忍ぶ会」などを全く別な日に行われる場合もあります。

しかし、近年では葬式と告別式といったものは普通の葬儀では葬儀イコール告別式といった考え方で、区別をしないで一連の流れの中で施行されるのが一般的になったようです。
そして、葬儀の場合はお通夜と本葬の告別と両方に会葬するのが普通ですが、友人や知人関係で遠方の場合は、本葬・告別に重きを得て参列するのが本来でしょう。

葬儀・告別式の進行は概は、午前中に行なわれるのが通例で、開始時刻がきたら通夜と同様に着席して僧侶を待ち、同様に親族から会社関係、友人知人、それから一般の参列者が着席します。 僧侶が入場してきたら読経に併せて此れも通夜同様に焼香をします。

焼香が概ね終わった段階で、弔辞や弔電の紹介になりますが、会館の司会者の案内であらかじめ決められていた会葬者代表が弔辞を読み上げ、併せて、弔電が有る場合には其の直後に紹介されます。

その後は、火葬場への出棺準備になりますが、この時には飾り付けられていた花類の「花入れ」が行われ、故人が横たわっている柩(ひつぎ)に花や思い出の遺品を手向けながら入れます。 実はこの時が故人の本来の姿との最期のお別れということになり、そして遺族たちの悲しみの涙が落ちこぼれる瞬間でもあります。

その後は、会葬者に向かって喪主の「閉式の辞」のあいさつが行われるはずですし、所謂、出棺の準備に移り、遺体は火葬場へ向かい、火葬後は遺骨を骨壺に収めて、「精進落とし」の席に移動し散会となるのが普通です。

 

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。