「大安」「仏滅」「友引」の通夜と告別式どうする?

「大安」「仏滅」「友引」の通夜と告別式はどうするの?

悩む人が多い六曜の日の通夜と告別式

通夜や告別式に六曜を気にする人が多いようです。
六曜とは「大安」「友引」「先勝」「先負」「仏滅」「赤口」のことです。
カレンダーに書かれていますよね。

人が亡くなった不幸な時なのに「大安」のような縁起の良い日に告別式をするのは不謹慎では?
また「友引」は、故人があの世へ友を連れて行くという意味合いから告別式はダメなの?
インターネットの相談掲示板などでよく見かける質問です。

しかし、この六曜は仏教や人の死にはまったく関係のないものなのです。
そもそもこの六曜は中国から伝えられたもので、日本で言われている意味合いとは若干違っているのです。

例えば「仏滅」ですが、もとは「物滅」という字でした。
つまり、物を滅さない=物をなくさないように気をつけましょう、という日のことです。
また「友引」は、もとは「共引」と書きました。
何か勝負事をしても勝敗がつかないので「共に引き分けになるでしょう」という日とされていたのです。
まあ、占いのようなものですね。

それがいつの頃からか文字が書き変わり、その文字から連想して意味合いまでもが変わっていったと思われます。
しかし、その違ってしまった意味合いが当たり前になっている現代においては、この六曜の日にどのように通夜や告別式を執り行えばよいのか悩みますよね。
自分ひとりでは決められず親戚の方が口を出してくるので話がまとまらない場合も多くあります。
そこで、ここでは六曜の代表的な「大安」「仏滅」「友引」の通夜と告別式について説明したいと思います。

「大安」「仏滅」は基本的には気にしなくてよい

お祝い事をするような縁起の良い「大安」に通夜や告別式を行うのは、身内の死を喜んでいるようで不謹慎では、と考えてしまいますよね。
逆に、仏が滅すると書かれている「仏滅」に通夜や告別式なんて、亡くなった人が成仏できないみたいで嫌だと思う人もいるでしょう。

しかし、このふたつの日は現代において気にしている人はそう多くはないのです。
戦後すぐまでは気にしている人もいたでしょうが、何かと慌ただしい現代では、いちいち六曜を気にして通夜や告別式を先延ばしにしてはいられないのです。
また火葬場が各地域で整えられたこともあって、予定通りに事は進められて行きます。
そのため、「大安」「仏滅」関係なく通夜と告別式を執り行うのが当たり前になっています。
ですから、深く考えずに通夜と告別式を執り行ってもなんら問題はありません。
むしろ、故人を早く弔って差し上げるためにも、真心をもって粛々と進めたいところです。

とはいえ、田舎の方では、まだ六曜を気にするところもあります。
もし、そういった場所で通夜と告別式を執り行う時には、その地域の習わしに従うのが後々の対人トラブルにならなくてよいかと思います。
故人はあなたにとって大切な人であると同様に、親戚の方達にとっても大切な人なのです。
故人をいたわり送り出してあげたいと思っているのです。
そういった気持ちも無下にはできませんよね。
ですから、その地域の高齢者の親戚の方に教えを請いながら通夜と告別式を行うようにした方がよいでしょう。

「友引」は微妙な日、周りの意見をよく聞いて

もともとの六曜では「友引」は通夜と告別式を行うのになんら支障はないのですが、長い歴史から通夜や告別式は避けられてきたこともあり、今でも告別式を1日空けて執り行うご家庭が多くあります。

しかし昨今では、友引の翌日は火葬場が混み合うため、あえて告別式を執り行うご家庭もあります。
また地域によっては、友引をまったく気にしないところもあります。
友引は、これだけは本当にご家庭ごとに「するかしないか」が分かれる微妙な日なのです。

火葬場も友引の日に休みにしているところも多くあります。
火葬場を開けていても人が来ないからという理由のようです。いかに告別式を行うご家庭が少ないかが窺い知れますね。

しかし、地域によっては棺桶に人形を入れて ”友” の代わりに持っていかせるところもあります。
私事ですが、私の父の告別式の時がちょうど友引であったので、通夜の時には祭壇に人形を置き、翌日の告別式にその人形を棺桶に入れて火葬場に行きました。

送り出す側の気持ちの問題なので、人形が ”友” の代わりになってくれたと思えるならそれでいいのだと思います。
ただこれも、親戚とよく話し合って決めるようにしてください。

友引の日に火葬場が休みのところが多いと書きましたが、火葬場がすべて休みになるわけではありません。
火葬場も近隣の火葬場と打ち合わせながら休みにしているので、開いている火葬場は必ずありますのでご心配なさらずに。
そちらでお骨にしてもらいましょう。

通夜と告別式は何度やっても慣れないものです。
よくわからないうちは、目上の人の意見に従いながら進めていくのがベストだと思います。

葬儀依頼してよかった?!

分からないことだらけの葬儀・・・

葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式~葬儀・納骨や遺品整理に悩みますね。

低額ながら豪華なお葬式も・・・

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方