告別式の流れと火葬やその後の儀式について

告別式当日のスケジュール

お通夜の翌日に行われる「告別式」は、まず遺族によって故人の冥福を祈る葬儀が行われます。
その後、友人や知人など弔問客全員が焼香して、故人との別れを行います。
昔は葬儀と告別式は別々のものでしたが、現在では同時に行われるようになりました。
告別式は、前日のお通夜と同じ会場で行うのが一般的です。
喪主や遺族は開始時間よりも早く会場に到着し、その日の流れの確認を葬儀会社のスタッフと行います。
受付の担当者を決めた後は、参列者の会場入りの対応をします。
葬儀開始の15分くらい前には全員が着席し、葬儀開始に備えます。
このようなアナウンスは葬儀会社のスタッフが行ってくれるため、喪主や遺族もそれに従っていけばいいでしょう。
葬儀開始の少し前には僧侶の入場があります。
司会者から開式の言葉があり、その後僧侶の読経が始まります。
読経の時間はそれぞれの宗派によって違いもありますが、通常は1時間程度かそれよりも短い時間で終了することが多いです。
読経の最中に、司会者から弔電の紹介があります。
何通かは名前と文面の紹介があり、残りは名前のみが読み上げられます。
また、弔辞を述べる人がいる場合は、司会者からその旨の紹介があります。
その後、僧侶から促されてまず遺族によって焼香が行われ、続いて親族や親戚が焼香を行います。
近親者の焼香が終わった後は、一般の参列者が焼香します。
読経が終了すれば僧侶は退場しますが、退場前に僧侶によって10分から15分程度の短い講話が行われる場合も多いです。
最後に司会者から閉式の言葉があります。

出棺から火葬までの流れについて

閉式後は、出棺の準備に入ります。
お別れの儀が執り行われ、遺族や親族、親しい人を中心に棺の周りに集まります。
事前に葬儀会社が準備した花を各自が棺の中に入れ、遺体に飾り付けられます。
花入れが終わった後は、蓋をした棺を葬儀会場から運び出し、霊柩車に入れます。
棺を霊柩車まで運ぶ人は、親族や親しい人が行うことになります。
棺は重量があるため、男性が中心に運ぶのが一般的です。
位牌を手にした喪主、遺影を掲げた遺族が、棺の後に続いて歩きます。
霊柩車が火葬場に向かった後は、参列者の中で火葬場に行く人が続いて向かいます。
火葬場に行くための交通手段は、事前に準備しておく必要があります。
マイクロバスで全員が一緒に移動する場合もあれば、それぞれがタクシーに分乗して火葬場に向かうこともあります。
参列人数や参列者の年齢なども考慮して、交通手段を選択するといいでしょう。
火葬場では「火葬許可証」を提示します。
火葬許可証は、事前に死亡届を提出した時に受け取っているものです。
火葬前には「納めの儀式」が行われ、火葬場に来た人全員が次々に焼香を行います。
その後に実際の火葬が行われますが、火葬終了までには時間があるため、一同は控え室で待つことになります。
火葬が終われば収骨です。
収骨は骨を拾い上げる作業で、遺族や親族、親しい人が順番に箸で骨を拾い骨壷に入れていきます。
その際には、火葬場の担当者から、体のどの部分の骨であるかの説明がされます。
収骨完了後は、骨壷を箱の中に納め持ち帰ります。

葬終了後の儀式と自宅に戻ってから行うこと

再び葬儀会場に向かい、その後は「還骨法要」が行われます。
還骨法要は故人の遺骨を迎え入れる儀式のことで、僧侶の読経が行われ全員が焼香を行います。
その後には「初七日法要」を行う場合が多いです。
初七日法要は、かつては別の日に行っていましたが、現在では告別式と同じ日に行うのが通常です。
参列者が度々法要に参列することは労力をかけることになるため、そのことに配慮して初七日法要も同じ日に行うようになりました。
還骨法要が終了した時点で、儀式は終了ということになります。
しかし同日に初七日法要も行われることが多くなったため、当日のスケジュールとしては初七日法要が儀式の終了と考えてもいいでしょう。
初七日法要後は「精進落とし」に入ります。
精進落としは、葬儀参列者の慰労の意味を込めて、会食が行われます。
会食前と会食終了後には、喪主から全員に向けて慰労と感謝の言葉が述べられるのが一般的です。
精進落としが終了すれば、その日に行うことはすべて終了ということになります。
参列者が帰宅するのを見送った後は、喪主や遺族は遺骨を納めた箱と共に自宅に戻ります。
自宅には祭壇を設け、位牌や遺影などを飾り、遺骨を安置します。
四十九日の忌明けまでそれを行うのが一般的なパターンになっています。
忌明け後は、葬式の参列者に対して香典返しを行います。
現在では、告別式当日に帰宅する参列者に対して香典返しを渡すパターンもあります。
香典返しの準備は、香典の準備や発送を行う業者を決め、その業者を通じて行うようにします。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?