臨終から通夜・葬儀の流れと法事・法要など

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

臨終から通夜・葬儀の流れと法事・法要などについて

臨終から お通夜流れ・葬儀の流れ

病院等で臨終を迎えると、病院の霊安室に移されて、葬儀社の遺体搬送車に迎えに来てもらいます。
病院に長く遺体を安置して置く事は出来ないので、出来るだけ早く葬儀社を決める必要があります。
葬儀社・葬儀会館を決めると、ご遺体は遺体搬送車で葬儀会館に搬送され、安置されます。
ここで、葬儀社と通夜・葬儀の日取りと、祭壇や棺等の葬儀に必要な品々を決めます。
決定すると葬儀社が見積書を出してくれ、精進落としの食事の数量で金額は若干変化しても、ほぼこれで概算費用が把握できます。
通夜・葬儀の日程は、会館の空き状況、火葬場の空き状況、お寺さんの都合によって決められますが、火葬場の空き状況等は葬儀社が確認してくれます。
お寺さんに付き合いが無ければ、葬儀社がお寺さんを紹介してくれるので心配はいりません。
これで通夜・葬儀の段取りは完了し、親族や関係者に連絡を入れる事が、ようやく可能となります。
通夜の日の昼には納棺士によりご遺体が清められ、納棺されます。
この時には少なくとも喪主は立ち会う必要があります。
納棺が済み、定刻が近づくと参列者が集まり出し、定刻にお寺さんが来られて、読経焼香を行います。
通夜式が終われば関西では親族のみで、関東では親族以外の参列者も含めて通夜振舞の食事を摂り終了します。
その後はごく親しい親族でご遺体を見守り夜を過ごします。
葬儀当日の式は、多くの方が参列してご存知の様に、読経・焼香で終わり、親族は火葬場に向かいます。
火葬場では、簡単な読経の後、火葬炉に棺が入れられ、焼骨になるのを待ちます。
火葬が終わり、焼骨となれば焼骨を骨壺に入れる骨上げをして、葬儀は全て終了となります。
火葬場で焼骨になる待ち時間を利用するか、骨上げが終わった後に、精進落としの料理を頂きます。
これは地域のよっては、仕上げの食事とも呼ばれています。
通夜・葬儀の流れは以上のようなものですが、葬儀社を決め、段取りを終えれば、喪主や遺族が通夜式や葬式等でどうすれば良いのかと言った細かい点は葬儀社の担当の方が逐次教示してくれますので、心配する事はありません。

葬儀の種類と費用と葬儀社を決める重要性

前項で記載した様に、どこでどの様な葬儀を営むかを決め、日程や祭壇や棺や様々な品を決める段取りが済めば、後は心配する事無く通夜葬儀を営む事が可能です。
費用と関連して最も重要なのは、一般の葬儀とするのか、家族葬とするのかと言った、どこでどの様な葬儀にするのかです。
家族葬専用会館は参列者が20名以下を想定して狭くなっており、祭壇がその為に小さくなり、それによって最も費用の掛かる祭壇を安くできる点や、会館の建物・設備が実質本位になっている事で、一般の葬儀会館よりも非常に安く葬儀を営む事ができ、最近非常に人気が高まっているのです。
一般の葬儀会館での通夜・葬儀の費用は140~170万円程度で、それに比較して家族葬会館利用時は60~90万円程度と大幅に安くなります。
いずれの場合も、お寺さんへのお布施は別で、お寺さんとの付き合いにもよりますが、20~30万円程度が相場といえます。
この様に費用が大きく異なるため、参列者を勘案し、一般葬にするのか、家族葬にするのかと言った葬儀の種類をどうするかが重要となるのです。
しかも故人が臨終となり、2時間程度の間に、遺族が相談してこれを決める必要があるのです。
従って高齢者が居られる場合、万一の時にどんな葬儀とするのかを家族で事前相談しておくと良いでしょう。
また必要なら実家に近い一般の葬儀会館と家族葬専用会館で概算見積もりを取り金額イメージも把握して決めておくと、いざという時にバタバタせずに済みます。

葬儀を終えた後の法事・法要について

通夜・葬儀は参列する機会も多く、何となくその流れは分かっても、法要を営む機会は少なく、こちらを心配される方も少なくありません。
そこで以下に法要の概略を説明しておきます。
葬儀を終えると、白木の経台に骨壺白木の位牌供花等を飾り、初七日から四十九日まで7日毎法要法事を営みます。
ちなみに法要僧侶にお参りしてもらう儀式を指し、法事法要と親族による法要後の会食を含めた行事全体を指す言葉として使われています。
親族が葬儀の1週間後に集う事が大変なので、近年では葬儀後に葬儀会館で初七日の法要を済ませるのが一般的となっています。
また多くの場合、初七日以降の7日毎の法要は省略し、次の法事は7七日に当たる四十九日法要とするのが一般的です。
四十九日は、故人を送る一つの区切りで、ここで白木の経台や白木の位牌から、塗りの経台や本位牌と言われるものに替えてお祀りします。
なを浄土真宗では白木の位牌はありますが、塗りの本位牌はなく、過去帳のみをその代りとしています。
こうした白木の経台や白木の位牌等、四十九日までに必要な祭事用具は、葬儀社で用意してもらう事が可能で、一般の葬儀会館の場合、葬儀費用に含まれている事も少なくありません。
四十九日法要を終えて不用となったこうした祭事用具は、事前にお願いしておけば、葬儀社で引き取って処分してもらえます。
四十九日法要を終えると、香典返しの品を発送し、また遺品整理もこの後で開始するケースが多いようです。
また仏壇を購入される場合には、四十九日法要に間に合うように準備し、四十九日法要に続いて、仏壇の性根入れをしてもらうと良いでしょう。
その後の法要は年次法要と呼ばれ、1年後の一周忌、2年目の三回忌、6年目の七回忌、12年目の十三回忌の法要を営みます。
その後も三十三回忌までありますが、近年では十三回忌かその後の十七回忌で年次法要を打ち切るのが一般的となっています。
年次法要の3,7,13等の数え方は、亡くなった時を1年目としするので、間違わぬようにする必要があります。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。