葬儀の種類と通夜・葬儀の流れ関西・関東の葬儀の違い

どんな葬儀を営むかを決めるのが特に重要です

病院等で家族が息を引き取ると、涙を流す間もなく、どこでどの様な葬儀を営むのかを遺族で決める必要に迫られます。
一般の葬儀会館で営む場合には140~160万円が必要で、費用を抑えるのなら家族葬専用会館が安く、60~80万円程度と平均的な費用が大きく異なるからです。
最初にどの範囲の親族を呼ぶのか、友人や会社関係の人を呼ぶのかと言った事を、費用と共に考えて早期に決める必要があるのです。
病室や病院の霊安室にいつまでも安置しておく事が出来ないからです。

ここで喪主や家族・親族間でもめていると、中々準備が出来ず、バタバタと焦る事になってしまいます。

一般の葬儀会館で営むのか、またどんな規模にするのか、さらに家族葬専用会館にするのかが決まれば、具体的にどこの葬儀社・葬儀会館かの違いでの費用差はそれほど大きくはありません。

まず葬儀のイメージを決める事が大切なのです。
葬儀会館を決めれば電話を入れれば、病院までご遺体を迎えに来てくれ、会館の安置場にまず安置されます。
それから葬儀会館の空き状況、火葬場の空き状況、お寺さんの都合を勘案して通夜・葬儀の日程・時間を決めます。

火葬場の空き状況は葬儀社が確認して押さえてくれますが、最近都会では非常に込み合っており、火葬場の空き状況で日程が決まる事が多くなっています。

日程が決まれば、親族等に手分けして連絡を入れると共に、引き続き葬儀社と祭壇や棺や式典に必要な様々な品のランクを決めます。

ここで注意すべきは、祭壇の費用ウエートが全体の中でも高いので、葬儀社の意見に流される事無く、自分達の意思でしっかり決める事が肝要です。

葬儀の流れは一般の葬儀も家族葬も大きく違いません

葬儀を営んだ経験はなくても、何度か参列されて流れはご存知の方が多いでしょう。

参列していて見えないポイントとしては、通夜の前に納棺の儀式がある事と、葬儀時の焼香順供花を並べる喪主や遺族が決めると言う点です。
家族葬や一般の葬儀でも参列者が少ない場合には、焼香順を読み上げずに近親者から順にすると言う方法でも構いません。

しかし参列者が多い場合には、やはり焼香順を読み上げた方が良いでしょう。

その時の順番は、最初が親族で故人と血のつながりが濃い順(姻族も同順)で、一般参列者の場合の代表焼香は、町内会自治会の代表が最初で、その後に故人家族の会社代表の順とするのが普通です。
分からなければ、葬儀社の係の方に相談すれば教えてくれるので、心配は必要ありません。
また通夜式や葬儀の流れは参列して経験されている通りですが、霊柩車に続いてマイクロバス等で火葬場に向かった後は、火葬場で簡単な読経を頂き、火葬炉に棺が納められるのを合掌で見送ります。
2時間ほど経過した後、再び火葬場に向かい骨拾い骨上げ)を行い、焼骨を骨壺に納めて葬儀は全て終了します。

この2時間ほどの待ち時間内に、精進落としの食事(仕上げの食事)を摂るケースも少なくありません。
こうした流れや時間等も葬儀社の係の方から、最初に説明がありますし、また逐次教えてもらえるので、言われる通りに動いていれば大丈夫です。

なお、お寺さんに付き合いがなければ、葬儀社に紹介してもらう事が出来ます。

また、お寺さんへのお布施通夜の読経前か後に渡すケースが多く、通夜に渡せるように準備しておく事が必要です。

関東と関西の葬儀の違い

葬儀は宗派や地方により独特な習慣のある事もありますが、葬儀会館で葬儀を営む事が増えて、こうした習慣が薄れて、流れは同質化しています。

しかし、現在でも東京を中心とする関東と、大阪を中心とする関西では、習慣が違っている点がいくつかあります。
元々、家で葬儀を営む場合、関東では花輪がずらりと並び、関西では樒が並べられるのが一般的でした。

会館では室内に供花を並べるようになり、この差はなくなりましたが、それでも会館によっては部屋の扉の両側に1対飾る場合があり、関東は花輪、関西は樒の名残が見られる事もあります。

また通夜の式典が終わると関東では通夜振舞として参列者全員に食事を振舞う習慣がありますが、関西では食事家族・親族だけで摂るのが一般的です。
最近、関西では香典を受け取らない通夜・葬儀が半数を超えるほど増えていますが、関東ではこの習慣は広がっていません。

これは関東では通夜振舞の習慣がある事で、中々廃止できずに習慣が守られているのかも知れません。

さらに骨拾いの方法も、関東と関西では異なります。

関西では普通に一人で箸を使い、骨をつまんで骨壷に入れます。

一方で関東では2人が対になって箸を使い、骨を拾って骨壺に入れると言う作法が採られます。

骨壺の大きさにも差があります。

関東では全ての骨を大きな骨壺に入れて持ち帰りますが、関西では関東より一回り小さな骨壺に骨を入れ、入らずに残った骨は火葬場の共同埋葬場に葬られます。
従って、関西では骨拾いが終わると、その旨の説明が係の人からあり、火葬場の近くに来られた時には、お詣りされると良いでしょうと言葉を添えます。
関東と関西の葬儀会館での葬儀でもこうした違いが残っており、地方によっては独特な風習が残っている事もあるでしょう。

会社関係等で関西や関東からその地方に代表者が参列されるのを迎える場合、独特な習慣があるなら、遺族の方が必要なら葬儀が始まる前に伝えておく配慮をされると良いでしょう。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?