葬儀費用の平均相場とその内訳

葬儀費用の相場

葬儀を行う時、最も気になるのが葬儀費用です。
全国平均で見ると総額で200万円程度かかるとも言われています。
かなり高額で十分な貯蓄などがないと一括では支払えない金額だとも言えるでしょう(費用を安く済ませる方法は後ほど紹介)。
葬儀費用は、仕組みが一般の人にとっては少し複雑なところがあるため、まずはどんな内訳になっているのかを知っておきましょう。
葬儀費用は、葬儀本体費用飲食接待費用、そして寺院費用の主に3つの項目によって構成されています。

葬儀本体費用

まず「葬儀本体費用」とは、葬儀そのものにかかる費用のことであり、葬儀社の広告などに掲載されているプラン費用がこれに相当すると言えるでしょう。
この葬儀本体費用は、費用全体で最も大きなウェイトを占めており、選ぶプランによっても大きく変わってきます。
120万円程度が相場でしょう。

飲食接待費用

次に「飲食接待費用」とは、通夜式に振る舞われる料理代などのことであり、35万円程度が相場だと言われています。
飲食接待費用は、参列者の人数によってその金額が変わってくるのが特徴ですね。

寺院費用

さらに「寺院費用」とは、読経をしてくれる僧侶に渡すお布施のことであり、45万円程度が相場だと言えます。
また、寺院費用は宗派などによっても金額が変わってくるため、相場が分からない場合は、親戚の方などに確認しておくとよいでしょう。

葬儀プランによる費用の違い

葬儀費用はおおむね高額になる傾向にあると言えますが、葬儀プランによって費用が変わります。
まず、従来の大規模な葬儀である「一般葬」は、葬儀本体費用が100万円を超えるケースが多く、最も高額になる葬儀プランです。
なぜ一般葬の費用が高くなるのか?
それは参列者の人数が多くなるからですが、その分豪華な葬儀に出来るメリットがあります。
次に挙げられるのは、身内だけの小規模な葬儀の「家族葬」であり、葬儀本体費用は一般葬の約半分に相当するに50万円程度が相場です。
家族葬の場合は、一般葬とは逆に参列者の人数が少ないため、その分、葬儀本体費用や飲食接待費用を安く済ませることが可能ですね。
シンプルなプランとして知られている「一日葬」もあり、葬儀本体費用は30万円程度が相場です。
この一日葬というのは、お通夜を省略して告別式だけを行うプランで、葬儀本体費用が家族葬よりも安く出来るほか、通夜式が無いため飲食接待費用もかからない特徴があります。
さらに、格安の葬儀費用で済ませることが出来るプランては「火葬式」と呼ばれるものがあり、葬儀本体費用は20万円程度が相場です。
火葬式は通夜式や告別式を行わず、火葬だけで済ませるものなので、飲食接待費や寺院費用がかからず、基本的には葬儀本体費用だけで済ませることが可能でしょう。

葬儀費用を安くする方法

葬儀費用は、選ぶプランによって大きく変わるため、費用を節約したい場合はプランを見直すことが最も効果的です。
費用が最も高くなるのは一般葬なので、それより安くしたい場合は、葬儀本体費用が安い家族葬や一日葬などを選ぶことで費用を抑えることが可能です。
ただ注意しておきたいのは、家族葬のような少人数の葬儀プランは、香典による収入も少なくなってしまうことです。
一般葬のような大規模な葬儀の場合は、香典収入が多いため、葬儀全体の費用の4~5割程度を香典収入によって賄うことが可能だと言われています。
しかし家族葬のよううな小規模な葬儀の場合は、香典が少なくなったり、香典そのものを辞退することも多いため、そのことによる収入はほとんど期待出来ないと考えておくべきでしょう。
家族葬については、葬儀本体費用は安く済ませることが出来ますが、香典収入がほとんど見込めないため、実質的な費用は一般葬とあまり変わらない場合もあることに注意する必要があります。
その他に葬儀費用を安くする方法としては、無宗教葬にして僧侶を呼ばないという方法があります。
僧侶を呼ばなければ、当然のことながら寺院費用を用意する必要がないため、相場である45万円程度を節約することが可能だと言えるでしょう。
また、葬儀社が提示するプラン内容を吟味して、不要だと思えるサービスは削ってもらうということも、費用をより安くするためのコツだと言えます。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?