家族葬の費用の相場とは?安くするための方法も紹介

家族葬の葬儀費用は一般葬よりも安くできる

葬儀は死んだ人への最後の花向けとして行われますが、葬儀の相場をよく知らない人もいると思うので紹介していきたいと思います。
一般的に普通の一般葬では食事代金などを込みで、平均的に150万円ほどかかります。
葬儀の相場は安くはないため、しっかりと費用を計算して葬儀の準備をすることが大切です。
一般葬が普通の葬儀と思われているかもしれませんが、家族葬という方法で葬式を行うこともできます。
家族葬とは家族や親族、親しい友人など故人と縁の深かった方だけで送る葬儀のスタイルです。
一般葬では会社関係のや近所の方なども参列するため、費用が高くなりますが、家族葬であれば、参列者が少ないので費用は安く抑えることができます。
家族葬の平均的な費用は110万円ほどになっています。
家族葬の費用の内訳としては大きく分けて葬儀一式の用意や飲食の費用、寺院の費用の3つになります。
葬儀一式の費用には、花祭壇や棺、骨壷、焼香台など葬儀を受け付ける必要な葬儀用具一式が含まれています。

また、葬儀を行う葬儀場や火葬を行う場所の料金も含まれます。
このあたりは一般葬と同じになります。
ただ、参列者が多くなる一般葬に比べて家族葬はある程度人数を抑えることができるので、飲食代金を削ることができますし、身内だけであれば飲食を用意しなくても良いときがあります。
また、家族葬はいろいろな不要なコストを削減できるプランがあるので、コストを抑えやすく、安く葬儀を行うことができます。

家族葬の費用が一般葬よりも値段が上がる場合とは

家族葬の方が一般葬よりも値段を抑えやすいというメリットがありますが、家族葬の方が支払いの負担が増えてしまうこともあります。
それは、家族葬は自由にプランを立てやすい分、いろいろとプランに付け加えもしやすくなるため、家族の意向によっては葬儀の料金が高くなってしまいます。
ある葬儀社では、参列者10名の家族プランで葬儀費用事例として紹介しており、費用は98万円と表記されています。
葬儀基本費用が約38万円、式場使用料が16万円、付帯費用が約19万円、車両費用が約8万円、返礼費用が1万円、飲食費用が約8万円、火葬場費用が約8万円寺社は相談で費用が変化します。
他の葬儀社では45万円ほどで行うことができる葬儀プランがあり、家族葬のプランは葬儀社によって異なります。
ただ、安いプランの中には当然含まれていないものもたくさんあります。
例えば、飲食代金や会葬返礼品の料金などが含まれていないことです。
安いプランであれば内容が詳しく書かれていないことがあり、事前に確認をしておくことが必要になります。
ただ、安いプランで飲食代金や会葬返礼品などを付け足していくと、結果的に100万円ほどの料金となってしまいます。
そのため、家族葬では、いかに必要のないものと必要であるべきものを見極める必要があります。
家族葬によってはさらに安い39万円のプランもあります。
ただ、付け足していけば、当然高くなっていきます。
安いプランでも後悔しないためには、事前の確認が必要になります。

葬儀費用を安くするためには

葬儀費用を安くしながら必要なオプションを付けて葬儀を行いたいと思う方もいると思います。
その際には保険で葬儀費用を支払うことができます。
葬儀終了後に手続きをすることにより、各保険や組合から葬祭費用の給付金を受け取ることができます。
故人が国民保険に加入しているならば、3万円から5万円の補助金を受け取ることができます。
後期高齢者保険加入の方であれば、3万円から7万円ほどの給付金を受け取ることができます。
申請期間は2年間となっており、市や区役所の保険年金課に行って問い合わせを行うことができます。
また、埋葬料金給付金制度もあります。
これは、被保険者またはその被扶養者が死亡した場合に、被扶養者などや被保険者に支給されるものです。
埋葬料上限5万円までで実費精算となり、全国健康保険協会に問い合わせることができます。
国家公務員共済組合の組合員の場合は、葬祭費10万円から27万円ほどの料金を出してもらうことができ、加入している各共済組合にと言わせる必要があります。
また、事前割に申し込むと葬儀費用を安くすることができます。
入院中や余命宣告を受けたときに、事前に葬儀社に申し込みをしておけば割引が適用されるものです。
申し込みを完了して30日後に最大5万円の割引適用を受けることができます。
申し込み者が健在の限り期間の制限なく利用してもらうことができます。
火葬式や1日葬、家族葬などに割引が適用されます。
家族葬は3万円の割引となります。
これらを利用して安くすることができます。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?