お通夜流れ|身近な人を病院等で見送った場合、自宅に帰るまでの流れ

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

身近な人を病院等で見送った場合、自宅に帰るまでの流れ

病院等で亡くなったあと、病室で行われることは?

病院等で、医師が臨終を告げ、人が亡くなってしまうと、まずは、看護師が、最低限体についている医療機器、たとえば、心電図モニターや、酸素、点滴等ですが、それを取り外してくれます。

その後、親族で別れをする時間をいただけます。

この時間にまずは親しい人はしっかりと言葉をかけるなどして、別れをします。

このとき、場合によっては、「末期の水」をとるという儀式を行うことがあります。

これは、宗教的儀式の一つであり、その意味も諸説あるものです。

そのため、病院等で行わず、自宅等に戻ってから行う、ということも可能です。

病院等で行う場合、看護師に尋ねると教えてもらえますが、割りばし等に水を含ませた綿花等で亡くなられた方の唇を水で湿らせるというものです。

そういったお別れの儀式をしている最中、親族のなかでも比較的しっかりとしている人に、看護師は声をかけ、どのようにして、病院から、自宅なりお寺なり葬祭場なりに帰宅するのか、ということを尋ねます。

すでに、葬儀会社等が決まっている場合には、その会社に親族の代表が連絡をして、搬送場所に移送してもらうようにします。

決まっていない場合には、病院等が遺体搬送だけをしてくれる会社を紹介してくれることもありますから、病院等に尋ねてみるとよいでしょう。

お別れの儀式が終わったら、看護師等が、体をきれいに清めてくれ、そして、体の中の穴に詰め物をしてくれます。

この詰め物は、体の中から出てくる分泌物で、清めた体が汚れないように、ということからされるものです。

このとき、もちろん、親族の方で、一緒に体を拭きたい、という場合には、参加することも可能です。

また、男性では、ひげをそって整えてくれたり、女性の場合には、薄化粧をしてくださったりもしますから、そういった部分だけを一緒に参加することもできます。

病室から自宅に帰るまでの流れは?

こういった処置が終わりましたら、病室からそのまま搬送先へ移動する場合もあれば、いったん院内・施設内の霊安室に移動して、搬送する車が来るまで待つという場合もあります。

霊安室への移動は、看護師等職員がしてくれますから、付き添いをします。

また、看護師等による処置が行われている間、親族間で協議ができるようでしたら、協議をして、葬儀社をどうするか、自宅に一旦戻るのか、それとも、葬祭場に移動するのか、日取りをどうするか、といった、すぐに決める方が望ましいことを可能な範囲で決めていきます。

また、親戚や会社など、最低限、すぐに連絡をしないといけない方への連絡なども手分けをしながら進めていきます。

もし、協議ができない、葬儀社を決めることができない、という場合もあるかもしれませんが、その場合には、自宅に一度戻る、という選択肢をとることになるでしょう。

処置をしたり、搬送車が来るまでの間に、医師は死亡診断書を準備してくれますから、それを受け取ります。

また、入院費などの会計はすぐにできている場合も含めて、当日支払わなくとも、後日落ち着いたときに、と声をかけてもらえることがほとんどです。

搬送車が到着したら、主治医や病棟師長、受け持ち看護師等が、お送りをしてくれます。

なお、四十九日の法要が終了したあとなど、落ち着いた頃に病院にはご挨拶に伺うとよいです。

その際、ご挨拶のお品物の持参は本来不要です。

公的な病院、きちんとした病院では、たとえ、持参していったととしても、受け取ることはありません。

ただし、そうではない病院、医師等の職員も未だにいることも事実です。

また、生命保険のための書類等も、落ち着いた頃に提出期限をよく確認して記載をお願いすればよいです。

その場合、書類記載の手数料が必要となりますので、その心づもりをしておくとよいでしょう。

死に装束はどのようなものを選ぶ?

以前は、お別れの時に何を着てもらう、などと考えることはあまりありませんでした。

以前は、お別れのときに着用をしてもらうのは、佛教の考え方に基づいて、四十九日までの間、旅に出るという考え方に基づく白装束を着せるということがほとんどでした。

ですが、宗教的意味合いの強い行為になりますので、今では、そういったものではなく、先ほども書きましたように、新しい浴衣などに着替えをしてもらうことが多くなっています。

ですが、今は自由な考えで死に装束を選ぶことができます。

たとえば、企業戦士で、お気に入りのスーツがあれば、それを着用させたい、と考え、準備される方もいます。

また、女性の方でも、一番このお洋服がお気に入り、というお洋服もあり、事前に自分でこれを死に装束に、と指定されている場合もあります。

さらには、若い女性が亡くなった場合、親御さんがどうしても、ウエディングドレスを着用させたいと考え、それを準備される方もいらっしゃいます。

病院では、ごく簡単な指定のお洋服ですと、浴衣等の代わりに着せていただけることもありますが、たとえば、ドレスなど特殊なものになると、病院で着用させてもらうことはできませんので、自宅等に戻ってから、身内で行うということになります。

ただ、自宅等でそういった死に装束を選び、そのお洋服に着替えをしてもらおうとしても、なかなか素人には難しいことがあります。

なぜなら、死後硬直と呼ばれるような、体が硬くなり、関節が動きにくくなる時期があるからです。

だいたい死後2~3時間で始まりますので、そうなってくると、なかなか素人の方が行うのは難しくなります。

その場合、葬儀会社の方に手伝ってもらうようにお願いをしたり、湯かんと呼ばれる儀式を専門とする業者にお願いをすることになります。

もっとも、病院で一通り、体を清め、詰め物をしてもらい、お化粧などもしていただいていますので、湯かんとよばれる儀式を再度しなくとも、着替えのみお願いするという方法でも十分と考えます。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。