人には聞けない通夜・葬儀・告別式にまつわる葬式 お金
お布施 金額、葬儀費用は様々なので、葬儀社と話し合っておくのがよろしいと思います。

ここでは、主に僧侶への「お布施」について触れていきたいと思います。

喪主・遺族から僧侶へ支払う金額

お布施 金額

まずお布施とは何かということですが、僧侶に儀式を依頼するときにはお布施というお金がかかります。
あくまで、お世話になった気持ちを金額に乗せる物ではありますが、宗派によっては厳格にルールを設けているところもありますので、確認をすることが大切です。

葬儀一般のお布施の相場は、地域によって異なりますが20万円~35万円程度と高額です。

菩提寺がある場合は、お布施の金額が決まっている場合があります。
事前に確認をされるとよいでしょう。
中にはこのお布施のトラブルで、納骨を断られることもあります。
故人は故人の宗派がありますので、ご自身が菩提寺と関わりがないと思っていてもここは上手に関わりましょう。

菩提寺がない場合は、葬儀社が手配をしてくれます。
金額が分からないと思いますので、葬儀社の方に遠慮なく聞いてみましょう。
大体いくらくらいお支払いになるのが一般的ですといったお返事を頂けます。

納骨時のお布施 金額

納骨の際には、葬儀のお布施とは別に納骨のお布施が必要になるのが一般的です。
その相場は1万円~5万円になります。

お車代

菩提寺がある場合は、喪主や遺族が僧侶を迎えに行き、控室へ通します。
菩提寺がない場合は、葬儀社の方がお迎えに行ってくれます。
このように、菩提寺の本堂ではなく、自宅に呼んで葬儀を行う場合はお布施とは別に「お車代」として5千円~1万円をお渡しします。

御膳代

通夜に僧侶を呼び食事を振舞った際に、辞退される場合があります。
その際には、御膳代として5千円~1万円をお渡しします。

参列者

香典はいくら渡すのが良いか悩まれるところでしょう。
故人との関係にもよりますが、大まかな相場をご紹介します。

親:10万円
兄弟姉妹:5万円
親戚:1万円
友人:5千円
職場:5千円
※最近では、職場でまとめて出す場合もあります。そのような時は3千円程度で十分と言えるでしょう。

僧侶へのお布施についてはあくまで相場であり、参考程度にとどめておかれてください。
実際は宗派やお寺によって異なります。
もし、気になるようでしたら葬儀社の方やお知り合いにお寺関係の方がいらっしゃればお聞きになるとよいでしょう。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?