葬儀では葬儀社の選定を一番にする!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

葬儀では葬儀社の選定が第一番にするべき緊急の選択肢
実母を亡くした時の通夜と葬儀の一連の流れの事例

葬儀に関しては葬儀社の選定が第一番、

関東に在住の者ですが、既に数年も以前になるでしょうか

当時90歳近くの同居していた実母を無くして葬儀社を利用して葬儀を開いた時がありましたので、実際の状況や流れについて記載したいとお思います。

実母の死亡の原因は、夕刻まで元気だったが入浴中に亡くなりました。

救急車で死亡が判定され事故死と見なされ警察の調べも受け、その後、葬式に望んだのです。

当然ながら同居していた長男の小生が喪主にたりましたが、費用の面でも其の時は慌てふためいて頭はまっ白になりました。

偶々、嫁さんの実家が近くで義理の親父がしっかりものでいてくれたので、その為に葬儀のための手順や準備、費用は助言を戴きながら、一応はとどこうりなくすみましたが、いやーっ、其れにしても始めての実母の葬儀ということで、実に緊張して慌てていたのが昨日のように思い浮かびます。

葬儀の手順としては先ず、病院で医師の死亡診断をうけてから、其の晩は自宅で仮通夜を行ない、その間に色んな身近な人への連絡と同時に、市役所へ死亡の通知(死亡届)と火葬場の日にち、時間の手配、其れに当然葬儀社への葬儀準備の手配、費用と葬儀場の手配、など行いました。

葬儀社は特別に会員加入などはしていなかったが、警察関係の紹介も有って近所の葬儀会館でありと葬儀社を数件紹介してもらったのです。

そんな関係もあって葬儀会館は○○会館、其れに会館と関連の有る○○葬儀社に決めたのでした。

其の結果は費用も比較的安く抑えられ、葬儀場も葬儀社の提携している所で近所のところに有ったことで幸いしました。

一連の葬儀の打ち合わせは葬儀社と喪主と経験有る年配者で

現実には、出身地の田舎の場合には、その地域の風習によって葬儀の形式も決まっているので、その地域の老練者組織組合などで行う葬儀にする必要があります。

葬儀は自宅で葬儀会館を利用しない田舎・部落の葬儀は親戚も多く振る舞い費用やお手伝いも大変です。

人々の繋がりが田舎ほど強くない都会の場合は、勿論、一般家庭におきましても通常の葬儀を出しますが、その他には都会の規模の小さい家族間であれば家族葬と呼ばれて、身内や親戚限定で行うことも増えてきているようです。

そして、いよいよ我家で葬儀を施行する時は、葬儀社を決めてから早速打ち合わせになりますが、長老の義父と私自身で打ち合わせを行いました。

其の打ち合わせの主な内容についてですが、まず始めに弔問っを受ける「喪主」を決めます。

此れは当然ながら惣領の私自身でしたが、其の喪主は故人に代わって弔問を受ける立場の人になり、その前にも葬儀関係の諸々の諸事項についての指示をだします。
次に、通夜本葬儀日程、又、火葬の日取りなどの役所の関係事項処理しておきます。

一般的な葬儀の流れは、仮通夜からお通夜葬式・告別式、そしてお別れ会などとなります。

これらの葬儀やお通夜の流れは飽く迄も基本でして、原則は其の家の置かれた社会的な立場にもよるでしょうし、喪主の意向も最近は取り入れているようですね・・・。

弔問客を受ける喪主としも、通夜葬儀の席次を決める必要があります。

席次本来の順番や序列を決めておきます。

原則として血縁の濃い順に選び、先ず、配偶者長男次男などの順に柩に近いところに座ります。

つまり、喪主の次に遺族・親族の順になるようです。

右側が喪主や遺族と近親者・親族となり、逝去された故人との深い縁の方の順に上座になります。

次に、通夜や葬儀を行うための僧侶の手配ですが、我が家では田舎の東北地方に先祖の菩提寺がありますので、その宗派は関西に本山を置く妙心寺派の末寺であったので、葬儀社相談の結果、隣町に同系の寺院があるというので、そちらへ本通夜本葬儀の際の読経をおねがいしたのです。

尚、この時戒名等は未だなかったので、生前の名前に故をつけて仮戒名で行いました。 その後、仮通夜から本通夜本葬儀、等、一連の流れで一周忌までを合せて行いました。

通夜から本葬終了までの費用や「ふるまい」について、

葬儀の費用は、色々と規模や大きさにもよりますが、我家の場合は始めは「家族葬」にしようとお思いましたが実母自身のお付き合いや、私自身の会社の関係、其れに兄弟たちの会社の関係もあって、通常の葬儀告別方式にしたのです。
予算的には主要な費用として200万円を軽くオーバーしましたが、参列者も300名近い多数の会葬者が有って、結果的には良かったかなといまでも思っております。

そして、此の葬儀社による葬儀が滞りなく、引続き告別式が行われました。
この時には、全ての縁者親戚知人友人、遠方、周辺を問わず、又、会社仕事の関係者も、最後のお別れに参列してきます。

式次第に則って、僧侶お経、そして会葬者焼香が続きます。

葬儀の代表である喪主は会葬者に、旧来から世話になった参列者に対して深くお礼を申し上げます。

当然ながらその後は、市内郊外の火葬場で最後のお別れをしました。

ところで、通夜、其れに葬儀の後の「ふるまい」や「精進落し」ですが、ふるまいは通夜に会葬として来場者全員に飲食やお酒などをふるまいます。

其の際には軽い食事の足しになるような物程度で気張らずに箸をつけてもらう程度だったのようです。
一方、精進落しは亡骸の遺体を火葬場で処理した後に、葬儀会場に再び戻って今度は正式な和食のお膳としてふるまいました。

此の際は実際に火葬場まで来られた方を対象としましたので、予め人数を確認しておく必要がありますので、気を使う必要がありました。 人数的には、60数名だったと思いました。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。