「葬儀」のあり方やマナーと通夜や本葬(家族葬)について!

実際に家族葬という葬儀を体験して

身内の人が病いや突然に亡くなった時には残されたものは悲嘆に暮れることになります。
其れでも人が亡くなった場合は老若男女を問わぜお悔やみの儀式をお叶わなければなりません。
つらい気持ちは判りますが此の時には極く近親者の長のものが喪主などを務めて、所謂、お別れの儀式、即ち、お葬式を執り行うのが世間の常識でもあります。

通称では葬儀とか葬式ともいいますが、故人を偲びながら最後の見送る儀式ということになります。
其の時のマナーややり方、考え方というのは色々あって、地方や地域によっても異なるところがありますし、又、個人として葬儀に参列して参拝するときのマナーから、葬儀を主催する立場からの受け入れる側のマナーというのもあります。

実は、筆者は先般に身内を亡くして其の故人を見送ったばかりなんですけど、いろいろな都合で葬儀という形にはしましたが、葬儀でも極めて小規模な「家族葬」ということにしたのです。
勿論、自宅で行った小規模な家族葬でも、マナー通りに葬儀社に頼んで祭壇などはきちんと飾り付けなどは行いました。

つまり一般の参列者などを迎えるようなやり方ではなかったので、香典やお返しなどというものは一切なく、身内や近い親戚たちとともにお別れの会を催した程度でした。
其の家族葬のことですが、最近では特にでは都市や首都圏の生活圏では家族が小単位になっていて、従って、弔いを出す場合は一般葬が次第に少なくなってきて、逆に「家族葬」が増えてきているとも言われています。

一般の葬式は仮通夜、本通夜を経て本葬式へ

さて、近年では特に首都圏や都会での生活においては人々との触れ合いや繋がりがどうしても疎かになり、どうしても個人的な身内の関係のみがどうしても頼りにしてしまう傾向があります。
又、此の様な傾向から費用や予算面においても出来るだけ安く、安価で出すことが出来るという利点もあり、他にも煩わしさや余計なマナーや気を遣う事も無いのが「家族葬」ともいわれています。

其れでも、現役で社会的に活躍している人たちが突然の訃報や死亡した場合は、単なる家族葬のみというわけには行きませんね。 当然ながらこの場合は一般的な通常に於いて行われている「葬儀一式」を行うのが通例です。

此れ等の一般葬儀は現代においては、大きく分けて通夜と本葬式のことになっていますが、この通夜も一昔前でしたら夜通し夜伽 の儀式において亡骸、遺体と共に魔が付くことを防ぎ個人の蘇生を願う意味で過ごしますが、近年では夜通し柩を見守るのは極く近親者に限られるようです。

其の通夜にも、所謂、仮通夜と本通夜というのがありますが、仮通夜は基本的には自宅において極く近親者のみで行われますが、その後の本通夜は概ねは後日(概ねは通夜の次の日)に行われる葬式に準じて行なわれます。

仮通夜は身内同士が集まる機会でもあり、その後の本通夜や本葬を行うための打ち合わせの場にもなります。
此の時にはシッカリと喪主や各役割などを決めておくことが大事です。

さて、本通夜の場合は肉親者達が葬儀社が手配した遺体搬送車で、遺体を葬儀場へ運びいれ、その後に於いて直ちに係員によって決められた飾る付け等やお供え物なども飾られます。
その後、当日の時間が来たら各宗派によるお坊さん(僧侶)を招き、いよい通夜の読経が始まります。
此の頃になると知らされた会葬者達が続々と参列し、読経のあいだにて順にお別れの焼香ということになります。

本通夜から本葬の流れと弔電は?

本通夜での僧侶の読経は概ねが30分程度でしょうが、読経が終わり会葬者の焼香が済んだら、直ちに通夜の「ふるまい」になります。
ふるまいは通常はお酒にオツマミ、其れにごく簡単な軽い食のものをふるまいます。
此の際は故人を偲びながらのお話会になりますが、一般会葬者はあまり長居は無用です。
この際、「ふるまい」は断らず一口でもいいですから箸をつけます、ただし、あまり長居しないこととされています。

さて、其の次の日には本葬式(告別式も同時)が引続きが行われますが、此の時には全ての縁者達(親戚)や知人、友人、そして周辺や遠方からを問わず又、仕事の関係者や会社の職場関係なども参列して最後のお別れになります。
本葬に於いても通夜同様に式次第に従って、僧侶の読経やそして会葬者のお焼香が引き続き行われます。

その後に終了次第霊柩車に載せられて火葬場へと往くことになりますが、此の直前の於いて喪主が代表して会葬者達に向かって、お礼のお言葉を述べることになり、併せて故人(御遺体)との最後のお別れをします。

火葬場では、故人の体型にもよりますが概ねは1時間ぐらいで焼却され昇天することになります。
その後は葬儀場に於いて最後の「ふるまい」、つまり精進落しの食事会が行われることになり、此処までが故人を偲ぶ為とお別れの儀式となり、此れを即ち一連の「葬儀」ということになります。
尚、遠方におられて参列出来ない場合は「弔電」でお悔やみを申し述べることも出来ます。
つまり、哀悼の心を文面で表すのです。
勿論、故人の訃報を聞いた方で、事情があってどうしてもお通夜や告別式に参列できない場合、喪主、ご遺族に対して弔意を表すために、電報でお悔やみの言葉を送る弔電が役立ちます。
参列できない電報での弔電は、できるだけ葬儀の前日までに喪主サイドに届くよう電報依頼しておきましょう。
どうしても急な場合もあるでしょうから、遅くとも葬儀開始3時間前までには電報が届くように心掛けましょう。
弔電の読み上げは会葬者の焼香が終わって一段落したら会場で行われるのが普通でしょう。
勿論、弔電を頂いた場合のお返しは、先ずは礼状を出します。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?