香典袋は御霊前?御仏前?もう迷わない選び方!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

もう迷わない!香典袋の選び方

御霊前?御仏前?葬儀ではどの香典袋を使う?

お通夜や告別式に参加するけれど、どの香典袋を選べば良いのか?
また金額はいくら包むのか?など、葬儀に参加する機会が少ないとなかなか学ぶ体験が少ない不祝儀のマナー。
急に御香典を用意しなければならず、お店に香典袋を買いに行ったものの、種類が色々あってどれを選べばいいのか分からないことも…まずはどの香典袋を選ぶか説明します。

お店に行くと様々な香典袋が並んでいますが、葬儀の際は「御霊前」という表書きのみがものを選びます。
「御霊前」とだけ印刷されているものはどの宗派の葬儀でも使うことができます。
故人の宗派が分からない、香典袋の種類が多くて選べないという時には、この表書きのものを選ぶと良いでしょう。
反対に使える宗派が決まっている香典袋は、
蓮の花が印刷されているもの(これは仏教のみ)と
十字架や百合の花が印刷されたもの(こちらはキリスト教のみ)です。
「御仏前」という表書きのものもよく目にするとおもいますが、こちらは四十九日の忌明け後、法事やお供えの時に使います。

香典袋には水引きが掛けてあるたとうタイプのものと水引きが印刷されている封筒タイプのものの二種類があります。封筒タイプの方は折り返し部分に両面テープが付いているものもあり、中に入れる金額が1万円までの場合によく使われています。
たとうタイプは水引きで袋の厚みを調節できるので、お金を多く包む時にはこちらが使いやすいです。
水引きは結び切りの形のものしかありません。
これは一度きり、二度とあってはいけない事に使われる結び方です。
水引きの色は黒白や双銀と言われる銀一色が一般的ですが、封筒タイプでは藍白の水引きもあります。
黄白の水引きは主に関西地方で使われて
白一色の双白の水引きは神道の葬儀で使用されます。

いくら包むべき?金額の目安とお札の包み方

香典袋を選んだら、次はお金についてです。
ここでは包む金額の目安と香典袋へ入れるお札の向き、そして袋への書き方を説明します。
まずは包む金額についてですが、金額は包む相手と自分の年齢よって変わってきます。
以下は包む相手と金額の目安です。
家族:1〜10万
親戚:1〜3万
仕事関係:3千〜1万
友人・知人:3千〜1万
隣近所:3〜5千

お札を入れる向きにも決まりがあります。
香典袋の封を開けたときにお札の表側が見えるようにし、人物の顔が下にくるように入れます。
またお札は古いものを使用します。
手元に新札しかない場合は折り目をつけてから包むと良いです。

次に香典袋への書き方ですが、香典袋の裏側の左寄りに「金、○○円也」と用意した金額を書きます。
「壱、弍、参、伍、拾、仟、萬、圓」を使う大字(だいじ)で書くことが一般的ですが、最近では普通の漢数字を使う人も多いようです。
また必要であれば、住所も裏側へ書きます。
香典袋の表側、表書きの下には名前を書きます。
自分一人でだけの場合は表書きの下の中央に名前を書きますが、連名の場合は人数によって書き方が変わります。

二名:表書きの下、年長者から右側に書く
三名以上:表書きの下、右に代表者名、左に外一同と書き、別紙に全員の名前を各上、年長者順に書く
社名:社名を氏名より小さめに書き、代表者名を書く

香典袋では悲しみを表す薄墨のペンを使用します。
筆ペン、サインペンともに薄墨のものが販売されているので、書きやすい方を選んで下さい。

香典袋を渡す時のマナー

用意した香典袋はふくさに包んで持って行きましょう。
スーツのポケットやカバンから直接香典袋を出す参列者もいますが、ふくさを使う事で袋が折れたり、水引きが崩れるのを防ぐことができます。

不祝儀の場合は紫やグレーなど暗い色の物を選んで下さい。
祝儀、不祝儀の両方で使うことができる色、デザインのものもありますが、赤色などの暖色系やビジューやリボンなどの華やかな装飾が付いたものは不祝儀では使えないので、注意が必要です。
袋状のふくさが販売されていますが、風呂敷で香典袋を包むこともできます。
風呂敷を使う場合は香典袋を広げた風呂敷の中央に置き、右側の角をまず袋に被せ、次に下、上の角を被せ、最後に左側を被せるようにして包みます。
香典袋が大きい、厚みがあるなどで袋状のふくさに入らない場合は風呂敷を使って包むと良いです。
受付で香典袋を渡す時はふくさから取り出し、表書きが相手の向きになるようにして両手で渡します。
この時、ふくさは自分の手前にたたんで置きます。

以上が香典袋を選び、どのような用意をして葬儀で渡すのかといった流れです。
不祝儀事は突然知らせを受けることが多く、自分が葬儀にあまり参加した事がなかったり、周りに聞くことができる人がいないと不安を感じることがあるかと思います。
香典袋に関する知識を知っておけば、「これで良いのかな…」と不安な気持ちで準備をすることが減り、準備に時間を取らずに取り組めますね・・・。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。