お通夜の流れや葬儀社の選び方

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

お通夜の流れや葬儀社の選び方について

お通夜の流れについて 1

大切なかたが亡くなってしまわれた時、悲しみよりも先に色々としなければならない事があります。
お通夜やお葬式を終えてから亡くなってしまったのだと改めて感じられる人も多いようですね。
亡くなられた場合、お葬式の前にお通夜が行われます。
お通夜にはどんな準備が必要なのか、そしてどのような流れで行われるのか?

時代の変化とともにお葬式やお通夜の方法も少しづつ変化している部分はありますが、おおまかな流れについて!
お通夜は、故人と特に親しかった人たちだけが集まってお葬式の前に一緒に過ごす時間です。
現在は、お葬式に参列することが難しいのでお通夜に出席する人も多いのです。
そのため一般の人もお通夜に出ることがあります。
お通夜を行う際、まず自宅で行うか斎場を利用するのか決めなければいけません。
葬儀屋さんに連絡をして、お通夜の日程とお葬式の日程を決めます。
葬儀屋さんではいくつかのプランが用意されていますので、費用を確認して利用するプランを決めましょう。
亡くなられてからお通夜まであまり時間をかけることができないので、すぐに決めていかなければいけません。
そのため前もって何かあったときのための葬儀社だけ決めている人もいます。
葬儀社との打ち合わせ後、確定したお通夜や葬儀の日程について故人と交友のあった人に知らせていきます。
メールや電話、ファックス等で知らせることになります。
遺体を整えて納棺し、思い出の品なども棺へ納めます。
遺族とかかわりのある人からの供花が届くので、これを順番に並べていきます。
葬儀社側とお通夜の進行についての確認をして受付をします。

お通夜の流れ

時間になると受付に弔問客が訪れます。
受付では香典を持ってきてくださったかたのお名前などを記帳してもらいます。
香典をいただいたすべての方に会葬御礼状と返礼品を手渡ししましょう。
親族はお通夜が開始する15分前には席に着席します。
弔問客の着席は10分前とされています。
遅れてくる方のためにできるだけ前から詰めてもらえるように伝えておきましょう。
時間になると導師が入場されます。
導師が経机前に到着したら、一同合掌礼拝しお通夜が開始されます。
そして導師の読経が行われます。
しばらくしてお焼香の案内がありますので、順番にお焼香をあげていきます。
お焼香の順番は遺族・親族・弔問客です。
焼香が終わって席に着くときには、外側の通路を通って着席してください。
宗派によって多少お焼香の作法が異なりますので、事前に知っておくと良いでしょう。
導師の読経後に法話があり、それが終わると,導師が退場されます。
その後、喪主の挨拶があってお通夜が終わります。
導師が退場した後、喪主による通夜挨拶があります。
通夜挨拶が終わりお通夜式の閉式です。
お通夜の後には通夜振舞いがあります。
これは地域によってしないところもありますが、通夜振舞いが無い地域だと葬儀後に親族が出口で弔問客を見送ります。
通夜振舞いを行う場合は、式場にテーブルなどを設置して新たに通夜振舞いが行われます。
通夜振舞いを行う場合は、親族や弔問客に声をかけておきましょう。
できるだけ沢山の人に参加してもらえるようにしましょう。
遺族は各テーブルに挨拶に行きます。
およそ1時間から2時間で通夜振舞いが終わります。

葬儀社の選び方

葬儀会社は沢山ありますので、どこにお願いするか悩んでしまうと思います。
料金はもちろんですが、信頼してお願いできる安心できる葬儀社を選ばなければいけません。
葬儀会社は、地元で行われている小さな会社から全国規模の大きな会社まで様々です。
会社の規模よりも自分たちの希望している形の葬儀が行えるか、その費用や親切に対応をしてくれるかどうかをポイントに選んでいきましょう。
葬儀会社の良さは、どのような対応をしてくれるかで分かります。
説明や対応が丁寧であるか、明確な料金設定であるか、希望しているプランを提案してくれるか、という点です。
初めてのお通夜と葬儀の場合、分からないことも多いです。
それらも丁寧にフォローしてくれるかどうかが重要です。
まずは気になった葬儀会社のパンフレットを取り寄せたり、ホームページをしっかり確認しましょう。
時間がある場合はパンフレットを取り寄せられますが、そうでない急な対応が多いのです。
その場合は知っている人から良い葬儀屋さんを紹介してもらうという方法もあります。
料金について、セット料金とオプション料金を表示している葬儀会社は多いようです。
このあたりがあいまいだと後で思っていた金額と違う金額が請求されることにもなりかねませんので、しっかり確認しておきましょう。
これまでどのような葬儀を行われているのかなど実績部分も知っておきたいものです。
最近は小規模のお葬式も増えているので、小規模のお葬式も丁寧に行ってくれるのかという点もきちんと見ておきたいですね。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。