お通夜・葬儀の日程!逝去から何時まで?

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

亡くなった際、ご逝去いつまでにお通夜、葬儀をすれば良いの?日程と友引や仏滅など!

実は逝去後、お通夜や葬儀までの期間は決まっていない!

家族が亡くなった場合、急いでお通夜や葬儀を行わなければいけないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、それは大きな間違いです。
ご逝去後、実際に何時までにお通夜や葬儀を行わなければならない。といったような決まりはどこにもありません。
現に芸能人など半月近く後に葬儀を行っているのを見た事がある人もいるのではありませんか。
それは一般の人でも同じことなのです。
法律で決まっていることは、遺体を火葬するまでは24時間の時間を空けるということのみです。
その為、24時間以降なら、いつでも好きな時にお通夜や葬儀を行っても良いと言う事になります。
ただし、これは、非現実的な事とも言え、多くの場合、遺体の安置場や保管に関しては問題が出てくる事も多く、また、後にすればするほど、様々な費用が必要になります。
親族の負担も大きくなる事から、1週間、2週間後にお通夜や葬儀を行う人は、芸能人など特別な理由がない限りいません。
実際には、どのような日程でお通夜や葬儀の日程を考えれば良いか?
重要になるのが日数の数え方です。
日数は、亡くなったその日を1日目として考えます。
一般的な流れは、1日目に葬儀の準備や役所への届け出などを行い、2日目にお通夜、3日目に葬儀というスケジュールが多く、葬儀社にもそのような流れを勧められると思います。とは言っても、同じ1日目でも亡くなった時間帯によって、遺族の気持ちも変わってきます。

亡くなった時間帯で考えたお通夜や葬儀までの流れ

早朝・明け方に亡くなった場合

早朝・明け方に亡くなった場合の最短スケジュールとしては、1日目に葬儀社への連絡、ご遺体を安置所へと移動となり、2日目にお通夜。3日目に葬儀をし火葬といった流れになります。
一般的には、このスケジュールが最短のものとなりますが、中には、その日のうちにお通夜を済ませたいと言う人もいます。
もちろん、スケジュール的には、可能です。
ただし、時間を考えると非常に慌ただしいスケジュールとなる事は言うまでもありません。
亡くなった直後に葬儀社を決め、その後、親族や親しい人に連絡し、その日の夜にお通夜に参列してもらおうと思うと、本当に大変なスケジュールです。
基本的には、お勧め出来ませんが、最近多くなっている家族葬の場合は、不可能なスケジュールでない為、家族葬を検討されているなら、一度検討してみると良いかと思います。

夜中に亡くなった場合

次に夜中に亡くなった場合ですが、この場合の最短スケジュールも1日目に葬儀社に連絡、遺体を安置所へと移動。2日目にお通夜。3日目に葬儀をし火葬といった流れになります。
実際には、2日目にお通夜、3日目に葬儀となります。
これを軸にし考える事で、大筋のスケジュールを把握する事が可能です。
もちろん、一晩、自宅でご遺体を安置してあげたい場合や
、遠くに住む親族が到着するまで待っておきたいなど理由がある場合は、3日目にお通夜などと先延ばしにすることが可能です。

お日柄を気にする必要も!

お通夜や葬儀の場合、お日柄を気にする必要があります。
葬儀社も必ずカレンダーで暦を確認し、スケジュール管理を行います。
中でも注意しなければいけないのが友引です。
友引の場合、友引き=一緒に連れていかれると言われる事が多く、葬儀を避ける傾向にあります。
もちろん迷信ですが、気にする人も多く、地域によっては友引の日には火葬場は閉鎖している事もあります。
この場合、友引に葬儀を避けるスケジュールでお通夜の日程が組まれる事になります。
その為、予定よりも一日長くなってしまう事がになります。
反対に友引など関係なく、葬儀を行う事も可能で、その場合は、よく友引人形などと呼ばれる人形を棺に入れ、その人形と一緒に火葬を行います。
どうしても、友引の日に葬儀を行う必要がある場合は、火葬場の確認を取り、その上で、友引人形を利用してみてはいかがでしょうか。
また、仏滅を気にするケースも考慮する必要があります。
とは言っても、葬儀の場合、結婚式のように仏滅を気にする必要はまったくないとする方が多いのです。
この事から、お日柄で注意すべき点は友引のみであり、もし、友引に葬儀の日程が来るようならば、調整を行うのか?それとも、そのまま、友引に葬儀を行うのか?親族を含め、相談した上で決める事をお勧めします。
もちろん、最終決断は喪主が行えば良いのですが、なかには気にする人もいるため、そう言った人への配慮も必要なのです。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。