逝去~お通夜・葬儀を営むために必要な書類と通夜・葬儀の段取り

お通夜・葬儀を営むために必要な書類と通夜・葬儀の段取り

逝去・臨終時に医師から死亡診断書をもらう必要があります

病院に入院していて臨終を迎えると、通夜・葬儀に向けて病院の医師は死亡診断書を発行してくれます。
この死亡診断書は、後々通夜・葬儀を営むためには必ず必要となります。
入院していて亡くなられた場合には当然ですし、入院していなくても24時間以内に病院や診療所の医師の診察・治療を受けて居たり、持病があり医師に診てもらいながら自宅療養を続けていて、亡くなられた場合、その死因が診ていた病気によるものだと医師により判断された場合も、すぐに死亡診断書を発行してくれます。
しかし全く医師に掛かっておらず、急病等で突然亡くなられた場合には、救急車で病院に搬送された場合を含めて、警察の検視が必要となります。
これは亡くなられた原因が急性心不全等の病気によるものなのか、事件性や不審な点がないかを確認するためです。
警察による検視は、遺体解剖すると言う意味ではなく、発見者や家族に事情を聴き、また医師に事件性を疑わせる不審な点がないかを確認し、不審な点がなければ急死と判断され、ようやく医師が死亡診断書を発行してくれる事になります。
こうした持病もなく、病院に通っていないのに急死した場合には、検視が終わるまで早くて2~3時間は死亡診断書は発行してもらえず、またご遺体を移動させる事も出来ません。
自宅で急死されたような場合には、警察による検視が必要な事は覚えておくと良いでしょう。
いずれにしても、死亡診断書を発行してもらう事で、通夜・葬儀を進める事が出来るのです。

通夜・葬儀の準備と死亡届の届け出と火葬許可書の受領

死亡診断書の発行を受けて、ご遺体を葬儀会館等に搬送し、葬儀会館の霊安室等に安置され、通夜・葬儀の打ち合わせを葬儀社と行う事になります。
通夜・葬儀の日程は、会館の空き状況と火葬場の空き状況と、導師を務めてもらお寺さんの都合で決めるのが一般的です。
日頃、付き合いのあるお寺さんがない場合には、宗派が分かっていれば葬儀社が紹介・依頼してくれるので心配はいりません。
また通夜・葬儀の日時と共に、葬儀社が用意している数種類のランクの祭壇や棺等の葬祭に必要な品々も、このタイミングで決めます。
葬儀社は品々を決めるとすぐに見積書を作ってくれ、その金額で納得できれば、後は葬儀社が主導で、テキパキと準備を進めてくれます。
この通夜・葬儀の段取りを進める時に、並行して死亡届を役所に提出し、同時に火葬許可申請をして、火葬許可書をもらいます。
この時に前項で記載した死亡診断書が必要となるのです。
遺族の1人が死亡診断書を持参して管轄の市町村の役所に出向き、死亡届を出すと共に、火葬許可申請して火葬許可書をもらって来る事が必要です。
葬儀社が届けを代行して火葬許可書をもらっれ来てくれるところもあるようです。
通夜・葬儀の日程が決まり、葬祭に必要な品々も選定して決め、火葬許可書が受領できれば、通夜・葬儀の準備は完了し、後は葬儀社の係の方と相談したり、指導を受ければ思いの外スムーズに進みます。

ここから先は、通夜・葬儀を営んだ経験はなくとも、参列された経験があるでしょうから、おおよその流れは理解されているかも知れませんが、次項でポイントを記載します。

通夜・葬儀の流れのポイントと火葬許可書の必要性

通夜の時間が来るまでに、ご遺体は納棺師により身体を綺麗に洗い納棺されます。
これは納棺の儀と呼ばれ、喪主や遺族が立ち会って行われます。
そして通夜の時間となれば、お寺さんの読経を頂き、参列者が焼香をして通夜式は終わります。
その後は関東では参列者に通夜ふるまいの食事を提供し、関西では遺族だけで食事を摂り、後は交代で線香を絶やさぬようにして一夜を明かします。
葬儀の日には、参列者が集い、時間になるとお寺さんが来場して、読経をされる中、親族と一般参列者の順に焼香をして式典は終わります。
その後、棺が開けられご遺体の周りに花を添えて家族・親族中心に最後のお別れをし、霊柩車に棺が載せられ火葬場に向かいます。
この霊柩車を見送って一般の参列者は会館を後にします。
一方、霊柩車で火葬場に運ばれたご遺体は、棺ごと火葬炉に入れて火葬されることになります。
この時、火葬許可書が無ければ、火葬はしてもらえないので、火葬許可書を忘れずに持参する事が必要です。
こうして火葬された焼骨は骨拾いをして骨壺に入れます。
関東では全焼骨を入れので骨壺は大きく、関西では一部の焼骨のみを入れるので骨壺は関東のものに比較して小さめなのが一般的です。
これで、通夜・葬儀の一連の儀式は終了します。
最近では葬儀の後に、初七日の法要を合わせて行うのが一般的になっています。
以上の様に、通夜・葬儀を進めるに当たって、死亡診断書、死亡届、火葬許可申請をして火葬許可書を受領すると言う手続きも必要です。
また火葬許可書は、焼骨をお墓に埋骨したり、永代供養の納骨堂等に納める時には必要で、コピーを取っておくことが必要です。
家族の死に直面し、悲しみの中でバタバタと準備が必要で、そんな中で医師や役所の書類を必要とする事は面倒に思いますが、犯罪を防止するために必要な事であり、理解して適切に対応する事が必要と言えます。

葬儀依頼してよかった?!

分からないことだらけの葬儀・・・

葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式~葬儀・納骨や遺品整理に悩みますね。

低額ながら豪華なお葬式も・・・

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方