多様化する葬儀の費用の概略と家族葬について

多様化する葬儀の費用の概略と家族葬について

多様化する葬儀の種類と費用の概略

近年、葬儀の多様化が進み、特に家族葬専用会館が増加しています。
最近では葬儀費用は明朗化し、少し安くはなっているのものの、まだまだ高額であり、葬儀に過大な費用を掛けるのは無駄だと合理的に考えられる方が増えている事が、その大きな要因と言えます。
病院等で亡くなられると、長く病院にご遺体を安置し続ける事が出来ず、早期にどこで葬儀を営むのかを決める必要が生じます。
従って、多様化する葬儀の概要と、その費用の概要を知って置き、いざという時に一般葬とするのか、家族葬とするのか等を決め、その葬儀に適した会館を選ぶ事が大切となるのです。
参列者によって費用は少し異なりますが、一般の葬儀会館での葬儀では140~160万円が費用の相場といわれおり、やはり高額です。
それに対して家族葬専用会館では60~80万円程度、そして家族葬会館で通夜を行わない1日葬を営む場合には40~60万円程度が相場と言えます。
参列する家族・親族の人数により、精進落としの料理費用等が違って来ますし、葬儀の式典に必要な品の中で最もウエートの高い祭壇のランクによっても違って来ますが、概算ではこの程度と認識しておくと良いでしょう。
上記は葬儀社に支払う費用で、これにプラスしてお寺さんへのお布施が必要となります。
お布施には決まった額はありませんが、平均的には20~30万円程度と言われています。
ただし、お寺さんとの長年の付き合いや、戒名(法名)に院号が付くような格式の高いものを付けてもらう場合には、高額なお布施が必要となります。
最も迷う原因となる費用の概略を認識したうえで、参列者の人数等も勘案し、遺族が相談して早期にどこで葬儀を営むかを決める事が出来るようにしておくことが肝要です。

最近増えている家族葬の概要と安く営める理由

前項で記載した様に、最近では費用が安く済ませる事もあり、家族葬を営まれる方が増えています。
一般の葬儀には参列される機会も多く、どんな葬儀かは理解されているでしょうが、家族葬に参列する機会は少ないため、意外とその内容については知られていません。
家族葬は、家族と言う名前が付いている事から、家族・親族のみしか参列できないと誤解されている方がおられますが、これは誤りで、親族以外も参列は出来ます。
しかし家族葬会館は20名以下程度の参列者を前提にした会館・施設となっており、家族・親族が中心に参列する葬儀になると言う意味でこの名前が付いています。
従って親しい友人等が参列する事に何の問題もありません。
また家族葬は費用が安いので、通夜葬儀の流れが大きく省略されるのではと、不安に思われている方が居られるかも知れませんが、その流れは一般の葬儀と大きく違いません。
参列者が少ないと言うだけが基本的な違いと言えます。
しかし家族葬は気心が知れた参列者のみが参列するため、通夜を行わない1日葬としたり、お寺さんの読経を頂かず、CDでお経を流して済ませる等、費用を下げるためのアレンジがし易く、こうした方法を採られるケースもあります。
さらに、家族葬会館は費用は安い分、見ずぼらしいのではと、心配される方も居られるでしょうが、そんなことはありません。
家族葬専用会館は、確かに華美を廃し、実質を重視した造りになっており、一般の葬儀会館に比較して質素な点があることは否めません。
しかし式場の他、小さいながらも家族控室や仮眠室、お寺さんの控室等もあるのが一般的です。
家族葬が一般の葬儀よりも格安で営めるのは、参列者が少ない点と会館が実質本位で狭い点と、式場が狭い事で小さな祭壇でも貧弱に見えず最も費用の掛かる祭壇費用を抑えられる等により、格安で営めるのです。
従って派手好みの人は別にして、一般的に見ずぼらしく寂しいと感じられる方は少ないものです。

事前に葬儀のイメージを関係者で合わせておく事の大切さ

冒頭でも記載したように、臨終を迎えて葬儀の必要性が生じた時に、最も悩みバタバタするのは、一般葬にするのか家族葬にするのかと言った、どんな葬儀をどこで営むかと言う点です。
通夜・葬儀の流れも不安でしょうが、これは葬儀社の担当の方が上手く誘導してくれるので、それほど心配しなくても、何とか終える事が可能なものです。
例えば親が亡くなった時、その子供達の間で、どんな葬儀を営むかで意見が分かれて中々イメージ合せが出来ず、時間ばかりが過ぎてイライラが募るのも避けたいものです。
また喪主となる長男が強引に決め、後々もめ事や気まずくなる事も避けたいものです。
従って、例えば親が後期高齢者である様な場合には、その方がお元気な間に、兄弟の間で万が一の時に、どんな葬儀を営むのかのイメージ合せをして置かれるのがお勧めです。
重病で入院されてからでは、葬儀の相談をするのは不謹慎だと思われ、中々相談できないため、元気な間に相談して置く事が大切なのです。
その上で、事前に実家近くの一般葬会館や家族葬専用会館などを訪れ、参列者の人数を仮に決めて、祭壇や葬儀に必要なランクのある品々を選択し、仮の見積もりしてもらうと良いでしょう。
通夜葬儀が営まれていないタイミングなら、施設の見学もさせてもらえます。
ここまで準備して置おけば、いざという時にバタバタする事もなく、事前見積もりや見学を踏まえ家族でイメージ合せが終わっている葬儀の方式と、葬儀会館に決定する事が出来ます。
また費用と言う大きな不安も取り除けると言うものです。
高額が必要な葬儀ゆえに、場当たり的に行動し、後で後悔するような事が無いようにしたいものです。

葬儀依頼してよかった?!

分からないことだらけの葬儀・・・

葬儀・葬式・家族葬・直葬・火葬式~葬儀・納骨や遺品整理に悩みますね。

低額ながら豪華なお葬式も・・・

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方