身内が事件に巻き込まれてしまった場合の葬儀の流れ

身内が事件に巻き込まれた場合は検視が必要

万が一事件に身内が巻き込まれて亡くなってしまう・・・。考えたくないけれど、そんなことが本当に身の回りで起きてしまったら何をすればいいのか分からなくなりますよね。
病院ではっきりとした病死でない限り、自他殺の特定ができない以上、死因を特定するためには警察等の司法警察職員が行う検視を経て、事件性の有無をしっかり確認してからでないとご遺体が戻されません。
例えばいつも自宅に帰ってくる時間に身内の人が帰って来ず、数時間後に道端で倒れて亡くなっているところを誰かに発見されて警察が身元特定をした結果、自分の身内だったなんて言うことがあったとしましょう。
警察はその人の生前の足取りを聞き込み等して確認するほか、ご遺体を警察署に搬送して検視室で死因が何なのかを確認します。
検視と言っても、身体の外観を確認し、外傷が無いかといったことを確認するのです。
ナイフ等で刺されれば当然裂創が身体に残るし、首を絞められたのであれば首には吉川線と呼ばれる、首を絞めた際に残る爪でひっかいた跡が残るはずですので、そういったものを警察は確認します。
しかし、外観だけでは死因が判明しない場合は司法解剖によってご遺体の身体の中をメスで開き、内臓等をくまなく確認することによって死因を特定することになります。
検視及びその他の聞き込みの結果、総合的に分析して警察が事件性が無いと判断すれば、警察からすぐさまご遺族に連絡がありますので、ご遺体を返還されますが、司法解剖に引き続き以降することなれば、ご遺体を解剖するには裁判官の発する鑑定処分許可令状が必要となり、数日は要することになります。

葬儀はご遺体の返還後に、葬儀屋の選定は迅速に。

葬儀についてはご遺体が遺族のもとに戻ってからでないと始められませんので、警察が検視や司法解剖を終えて、返還手続きが終了した後となります。
ご遺族は事件によって身内が巻き込まれてしまった悲しみもありますが、警察からご遺体が戻される前に葬儀屋の選定をしないとなりません。
葬儀屋を選定できない場合は警察署から斡旋してくれる場合もありますが、この場合は相場が高く設定されていることが多く、ご遺族が設定していた葬儀の予算よりも上回ることも有り得るため、生前より葬儀屋をしっかり決めておく方が良いでしょう。
葬儀屋によっては生前にプランを立て、搬送から火葬までの全てを固定額で行ってくれるところもありますので、生前に何事も準備することが重要です。
殆どの葬儀屋は、警察署からご自宅や葬儀の式会場まで搬送してくれます。
ですから、警察からご遺体の引き渡しの日程について連絡があった場合には必ず、葬儀屋に速報することが必要となります。
葬儀屋との打ち合わせは直ぐに始まります。
プランを立てて固定額の中で執り行うことを決めているご遺族の場合は別ですが、一から葬儀のプランを立てる場合は、葬儀を執り行う部屋、祭壇の規模、献花する花の数、香典返し等といったあらゆることを一つ一つ決めて見積もりをしてもらうこととなります。
事件に巻きまれたご遺体の場合は、生前の身体のままで亡くなられる場合だけではなく、欠損している場合も多くあるわけです。
ご葬儀に堪えられない状況の場合は、火葬してから葬儀を執り行う場合もありますので、若干葬儀の流れが変わります。

死亡届の提出は葬儀屋が代行してくれる

身内が死亡した場合は死亡届を役所に提出する必要があります。
死亡を知った日から7日までに役所に提出する必要があります。
通常、ご遺体が病院にて明らかな病死で亡くなられていない限り、犯罪か否かを警察が確認し、犯罪の可能性があれば検視を行います。
検視の場合は死亡届の他に死体検案書という様式を提出する必要があります。
死体検案書は司法警察職員と共に検視に立ち会った医師が死因等を記載する必要があります。
検視にて死因が特定できないような場合でも、検視が終了した時点で検案医師が死体検案書を記載して発行してくれることがあります。
この場合の死因の欄は「推定される死因」や「不詳」という書き方で発行されることが往々にしてありますが、この内容の検案書でも、役所は実際死亡届を受理してくれます。
しかし、ご遺族が亡くなられた後、生命保険等の死亡保険金を受け取るにははっきりした死因が特定された検案書が必要となるため、司法解剖結果を記載した検案書が発行されるまで待つ必要がありますので注意してください。
葬儀屋ではこのような書類の手続きを代行してくれます。
本来はご遺族で書類を用意し、役所に提出する必要があることから、葬儀屋の代行の場合は別途料金がかかることが殆どです。
相場としては3万円から10万円前後と言ったところです。
ご遺族は訃報を知人や親族等に連絡したり、葬儀の準備等で寝る間もないほど忙しくなることから、こういった手続き関係を葬儀屋が代行してくれるのであれば、決して高くない値段と言えるのかもしれません。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?