父は人見知りする方でしたので、家族や親戚だけで行うことのできるような、小さな葬儀を希望しておりました。
家族葬のできる葬儀場の会社へ連絡したところ、ここは会場の用意だけできるとのことでしたので、化粧や棺、花の用意などワンストップでできる葬儀社をご紹介いただくことになりました。

支払総額は、会場の中央のセッティング代が50万円ほど、
お坊さんに支払う戒名料や経を読んでいただく費用が最も高く合わせて80万円ほど、
合計で200万円行かない程度でした。

急な要請だったにもかかわらず、
葬儀社のご担当は親身になって聞いてくださったことは、
とてもありがたいと感じました。

実家は真言宗でお寺さんとは付き合いがあって、祖父の時にも経を読んでいただいております。
こちらで住職に連絡して、日時を伝えるものと思っておりましたが、お寺の住職ともご担当の方が連絡を取ってくださりスムーズに住職とやり取りすることができました。
葬儀前に住職が自宅にやってきて、戒名はどのようにされますか、とお話しいただきましたが、これについても全く知識がありませんでした。

正直にどうしたらいいのか全く分からない旨を伝えたところ、細かく教えていただくことができました。
結局、戒名は院号なしで、戒名の中に父の名前を一文字だけ入れてもらうことにいたしました。

葬儀前にわたくし共でやったことと言えば、親戚に連絡し花や供物はどうするか、通夜ぶるまいや火葬場での飲み物やつまみの用意程度でした。
そのため、通夜前の弁当の用意、通夜ぶるまいの食事の手配、火葬場へのバスの手配、忌中引後の弁当の用意などは、すべておまかせで対応していただきました。
そのため弁当や食事の程度をどの価格のものにするのか、これを葬儀前にご担当の方と連絡するだけでした。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?