葬儀について、あまりお金をかけたくない、そのことから家族葬にしたいと思うことがありますね。
家族葬というと、家族だけでこじんまりと故人を送ることができる葬儀という、そんなイメージがあります。
そのことは、とてもいいことですね。
親族だけでということで、ひっそり行う葬儀と感じます。

私も親族が亡くなった時に、家族葬という形でお願いすることにしました。
そしてイメージとしては、だいたいかかったとしても、80万円ぐらいという感じがしたのです。
葬儀について、そんなイメージを持っていましたしかも家族葬なので、それぐらいかなと思っていたのです。

葬儀としては、家族葬ということでいろいろな形式を決めることにしました。
そして親族が県外の人が多かったので、その宿泊施設も借りることにしたのです。
また、葬儀をした後に宴会をすることも盛り込んでいました。
それでもそんなに金額としては、かからないだろうと思っていたのです。

しかし実際には、200万円も掛かっていました。
家族葬というよりも、通常の葬儀のような感じです。
そのため、家族葬という形であるけれど安いということはないと思ったのです。
それはそれで、そんなに嫌と思うことはありませんでした。
実際に故人の体を綺麗にする儀式?なども盛り込んでもらいました。
そんなことから、金額が増えていったのかもしれません。

葬儀をすることについて、ひっそりと故人を懐かしむという、そんなじんわりとした時間が流れません。
やっぱりとても忙しいです。
それはなれないこともありますが、親族親族が20人ぐらいいるからです。
それは、家族葬ではなく少し小さめの葬式という感じでした。
イメージが違うことを、実際に体験して初めて掴むことになりました。

葬式流れ|葬儀社はどこがいいのか自然な流れで話し合う機会を!

葬儀を行うことは、急にすることになるので戸惑うことが多いです。
生きているうちにそのことについて考えるなんて、しない人が多いのではないでしょうか。
また両親の先のことについて気になるけど、その事を話すのは不謹慎と思うこともありますね。

しかし葬儀というのは、必ず訪れることとしてしっかり自分の中で意思を持っておくことが重要です。
しかし意思を持つと言っても、何もしなくてもいいとか葬儀をしなくてもいいという、そんなできないことを話をしても困ります。
困るのは、その当事者ではなく残された人なのです。
そのことを思うと、葬儀のことについて目をつぶることなく、自分の現実的な葬儀について考えておくことが大切ですね。

また、両親とどんな葬儀をして欲しいのかということも、話し合うことも大切です。
生きている両親と、そのことについて話すのはちょっとできないと思う事もあるでしょう。
その時、いきなり話すのではなくだれかの親族とかの葬儀に出席した時などに話し合うをしておくのがいいですね。
自然な流れで、そのことについて、両親の意思を聞いておくといいです。

葬儀社は、どこも同じと思うことがあるかもしれません。
しかしやっぱり利用しやすい所など、若干でも違いがあります。
それは、親族の数や葬儀の形によってもどこがいいのかということを選択することになります。

その時、誰かに聞くのもいいのかもしれません。
そんなに聞く機会もありませんが、そのことを話ででた時には真剣にその話を一緒にして、頭の中に留めておくようにします。
するといざという時に、慌てることが少なくなるのです。
葬儀社のことについて話すのは、そんなにないのでとても貴重な時間であると思うようにしましょう。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?