危篤から葬儀までの流れや、事前に準備しておきたいこと

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

危篤から葬儀までの流れや、事前に準備しておきたいこと

葬儀の大まかな流れについて

葬儀は、参列することはあっても、自分で執り行うことはそう多くあるわけではないため、逝去した後にどうたらいいのか分からないという方も多いでしょう。
それに、大切な方が亡くなった直後というのは気持ちが落ち着かないため、何をやるべきなのか分からないと、ますます混乱してしまいます。
ですのであらかじめ、危篤・逝去後から葬儀終了までの大まかな流れを頭に入れておくことがとても重要だと言えるでしょう。
通夜式と告別式は通常2日間に渡って行われますが、その流れは以下の通りになります。

1日目の流れ
・「危篤」の状態になったら、葬儀社を探します。
・「逝去」したら、死亡診断書を医師から受け取り、葬儀社へ連絡を行います。
・「ご遺体の搬送」を葬儀社へ依頼し、ご自宅か、または安置施設に搬送します。
・「葬儀社との打ち合わせ」を行い、葬儀の費用や、日時、場所などを決定して参列者へ連絡を行います。
・「納棺」では、棺に手向ける品物の用意を行います。
・「通夜式」では、参列者や僧侶への対応を行います。
2日目の流れ
・「告別式」では、喪主が故人に代わって挨拶を行います。
・「火葬」では、骨上げを行います。

これらは、一般葬や家族葬の流れになりますが、その他の一日葬や火葬式(直葬)の場合は省略される部分があります。
一日葬は、1日目の流れの中にある「通夜式」が省略され、火葬式では、1日目の「通夜式」と2日目「告別式」が省略されることになるでしょう。

危篤の際にやらなければならないこと

大切な方が危篤になると、気持ちが落ち着かない状態になってしまう場合も多いと言えますが、その際にやらなければならないこともあるため、あらかじめ知っておくことが大切です。
まず挙げられるのは、「危篤の連絡を行う」ということであり、臨終への立ち合いをして欲しい家族や親族、そして知人などへ連絡します。
しかし、事前に誰に連絡するかを決めていないと混乱してしまうこともあるため、あらかじめリストを作っておくとよいと言えるでしょう。
また、遠方に住んでいる方については、急に駆けつけることは出来ない場合がありますが、それでも連絡だけはしておいたほうがよいと言えます。
次に挙げられるのは、「必要な現金を用意しておく」ということです。
入院している病院によっては、逝去の際に費用を支払わなければならない場合もあるため、その分のお金が必要になります。
そして交通費や飲食費などが必要になることもあるため、ある程度のお金を用意しておくことも大切だと言えるでしょう。
さらに挙げられるのは「葬儀社を決める」ということであり、事前に決めていない場合は、短時間で決めることが必要になります。
葬儀社は、その場で病院から紹介してもらうことも可能ですが、その場合は、料金やサービス内容などを十分に検討することが出来ないこともあるため、注意が必要です。
あるいは、病院から紹介された葬儀社にご遺体の搬送だけを依頼し、その後、改めて葬儀社を決めるということも可能だと言えるでしょう。

いざという時にために事前に準備しておきたいこと

危篤・逝去から葬儀までは、何かとやることが多いため、事前に準備出来ることは準備しておくということも重要です。
生前に、葬儀に関する準備を行うのは抵抗があるという方も多いかもしれませんが、最近では、生前に「葬儀社を選んだり相談をする」という方も増えていると言われています。
葬儀社へ支払う費用は、一般的な葬儀だと100万円を超えるなど高額になることもあるため、十分な検討を行った上で選びたいというのがその理由だと言えるでしょう。
ですので生前に葬儀社を選ぶことはとても大切なことだと言えますが、その際は、複数の葬儀社から資料を取り寄せるなどして、比較検討した上で決めることがポイントだと言えます。
そして事前に準備しておきたいもう一つのことは、「葬儀に呼ぶ方を決めておく」ということです。
故人が生前に呼んで欲しい人を決めておけば、いざという時に連絡をスムーズに行うことが出来ますが、そうでない場合は、誰を呼ぶかということを決めるのに時間がかかってしまうケースがあります。
誰を呼ぶか決めていない場合は、故人に届いた年賀状や故人のアドレス帳などから、どのような交友関係があったのかを調べるといった手間が掛かってしまうこともあるでしょう。
生前に、誰を呼ぶかを家族などで話し合っておくことはとても大切なことだと言えます。
また、参列者を何人程度呼ぶかということは、葬儀スタイルの決定や費用にも影響してくるため、規模や予算もあらかじめ決めておくことも重要だと言えるでしょう。

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!

葬儀依頼には日本最大級の葬儀相談・依頼サイトがおすすめです!
今すぐ見つかる 家族にとって いちばん「いい葬儀」。

お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、
直面した方々にとっては分からないことだらけです。

優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。