神奈川葬儀
特に故人が高齢者の場合は家族葬が最適だが、
費用は基本料金では済まないかも?!

首都圏の神奈川県内に住んでいる者のお葬式について!

実際に今年の5月に母が98歳の天寿を待っとして亡くなり
無事葬式を行うことが出来ました。 

先ず、死亡の状況ですが
高齢のためにさすがに足腰が不自由になり
市内の民営のホームに入っていました。 

4年目ぐらいになりますが、
明け方に当院より緊急電話があって、
永眠したことを知らされました。

自身は喪主の弟になりますが、
兄貴の喪主は予て(かねて)より
母の葬式については「家族葬」でささやかにやることを決めていました。

葬祭場は実家の直ぐ近くの近所の会館で行い、
火葬場は周辺市町が合同で運営している火葬場で行い、
更にお寺も近くにあり
既に他界している父のお墓が実家からも直ぐの処にあるので
其処へ埋葬しました。

一般に「家族葬」も最近では
特に都会や首都圏では一般的になっています。

特の高齢の場合は世間からも次第に離れつつあって
知人たちも少なくなり、
家族葬というのは其の点からも合理的な方法かもしれませんね。

家族葬とはいっても費用的には色々なようです。

一般に葬儀費用の内容にについては、
先ず役所への死亡通知火葬場の予約、其れに葬儀会館の手配とその後はお寺への連絡葬儀日にちの決定や位牌の手配などにかかるものでしょう。 費用としてはこれらの葬儀会館や火葬場の使用料、それにお寺のお坊さんの通夜や本葬の読経料と位牌の戒名代、それに埋葬の際の石屋の手配料などにもかかるものです。

各費用の内訳に関しては、
特に掛かかるものは勿論、
葬儀会館になりますけど其の会館では
基本料金として常に提示されています。

が、やはり実際は家族葬と言って安そうには思われますが、際は祭壇の飾り付けや
お通夜や葬儀で参列される際に、
お参りの後に行われる通夜ブルマイや、
火葬の後などに行う「精進落し」の食事会といった
会食の内容や人数によって大きく異なります。

又、高齢者の葬儀の場合は
故人が高年齢でもありますから
親戚、身内や家族の関係は人数的にも多くなり、
「家族葬」と言っても
参加人員は身近な一般参列者も加えて
概ね大勢の参加者になってくるのは当然なことで
其の分費用も掛かります。

基本料金と比較した場合は
大幅にアップすることも現実として起こってしまう場合もあります。

従って、葬儀社の宣伝している安い家族葬の場合
も最低料金を示しているようで、
当然ながら上記のように条件が変わると
それなりに料金も高くなりますね。

我が家や実家に於いては特に信心信仰している宗教というものは無くて、
所謂、無宗教の家庭ということになります。 

それでも我が家には
それなりの仏壇や其れに別に神教をし信じているわけではありませんが
神棚もあって天照皇大神宮(天照大神)を奉じております。

ただ、実家の近くのお寺さんは日蓮宗の寺院でもあり、
元より此の地域は日蓮聖人の縁のある処でもあり、
実家の周辺では日蓮宗の熱心な信者もいらっしゃるようです。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?