お葬式の際の葬儀屋さんは、
例えば家族の誰かが亡くなりそう、

もしくは、
亡くなる前に葬儀屋さんを決めておいたほうがいいですよ。

そうしないと
葬儀屋さんは思考が停止していることをいいことに
いくらでもお金を払わせようとします。

いわゆるぼったくりです。

大手とか例えば
私の場合葬儀はベルコだったのですが

ベルコだと亡くなる前、
もしくは健康なうちに会員になると
葬儀にかかる一切の費用をなくなる前に払うことができます。

先に支払っておくことで
それ以上の料金を支払うことはありません。

でも、この方式にも問題があり、
オプションをあとからつけさせようとする場合があり、
オプションをつけると
見積もりの値段が変わります。

私の場合は
会場からお寺の住職さんに来て頂いて
葬儀を上げて120万円でしたが、

私の知り合いはオプションをつけてしまったため、
200万強です。

これほど金額に差が出てしまうわけです。

ただ、葬儀屋さんに関して言えば、
大手以外の葬儀屋さんは
軒並み兵庫県では潰れており、
大手のベルコくらいしか残っておらず
選択肢がないわけです。

ですので、
地域によってはその葬儀屋さんを使うしかないわけで、
そこに付け込んで料金を高めに設定をしているわけですね。

ちなみに家族葬を行う小さな葬儀会社は
葬儀代を抑えることができますが
それでも料金は100万くらいはいるかと思います。

結局はネットなどで
葬儀会社の見積もりをシュミレートした後に
どこの葬儀会社を選ぶかということになりますが、

注意点としては
シュミレートの設定項目が多いため
いやになり途中で止めてしまうことがあると思います。
私がそうでした。

設定項目が多いため途中で入力をやめて
結果を表示するわけです。

実際の葬儀代とだいぶ違っていました。

ですので、きちんと見積もりをシュミレートして
値段を確認したほうが良いと思います。

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準の詳細は?

相続放棄や限定承認は3か月以内の申請が必要!遺産分割協議に必要な調査が求められます。

iewouru
不動産相続売却いくらで売れる?